全国のエステサロン様、整骨院、整体院様のための株式会社パルティール卸事業サイトです

パルティールpartir 070-6805-8403

パルティールpartir
ホーム >> 生理学&物療講習の内容、質問について >> 「物販」について(施術も同じこと)④

「物販」について(施術も同じこと)④

 

 

 

 

 

どうして「医者」の話ばかりするのか?

 

 

エステテシャン(セラピスト)って

素晴らしい仕事だからです。

でも世間の認識は違う。

 

 

所詮年間売上3500億円の

小さな業界。

業界4位くらいのコンビニ一社の売上と

変わらない。中にいると気づかない。

 

※お蔭で脱毛行為をしても

グレーゾーンのままでいられる…

 

 

 

これはエステテシャンだけではなく

柔整師、鍼灸師さんも素晴らしい

仕事なのに認識は違う。

 

「どうして世間の認識がそうなのか?」

 

を考えると色々見えてきませんか?

 

 

気づいた方同士で

全く新しい美容業界、治療業界にして

いきたいという思いで書いています。

 

誰もいなかったら自分が治療院をやる

覚悟で。

 

 

 

 

 

 

前回のここから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここでいつもの講習の内容を

一つ話すとしたら

 

 

 

 

「東京から大阪まで行こうと思ったら

どんな手段がありますか?」

 

 

という質問からの講習。

 

 

 

新幹線、飛行機、バス、18きっぷ(笑) 

自家用車、チャリ、徒歩(笑)

 

 

プラセボの話の時にも伝えたこの内容

 

 

プラセボ効果について

 

 

急ぎなのか?

快適さを取るのか?

などで人それぞれ手段は

変わってきますよね。

 

私の講習で、お客様への

「物販」の提案はこれと同じだ

と伝えています。

 

 

「早くきれいになりたいのか?」

「でもお金が無いなら

この選択肢は無理」

「これならこうだよ」

 

みたいな提案をして

相談に乗って上げられるのかどうか?

寄り添ってあげられるのかどうか?

 

 

そのためには東京と大阪を

新幹線で行くと何時間で

いくらの金額がかかるか、

夜行バスならどうなのか?

飛行機は?

ということがわかっていないと

提案もできない。

 

 

何が言いたいかというと

美容業界でありがちな

○○が痩せる

○○が小顔になる

 

 

というセールストークに

惑わされがちですが

「売る側」が

 

「他にも手段はある」

 

ということを知っていないと

 

ということ。

 

 

生理学や物療の少しくらいを

知っていないと。

 

 

そのためには

大阪と東京の間に何があるか?

を知らないと答えられない。

 

 

どこでもドアは存在しない。

 

 

 

 

 

 

つまり、例えば乳酸菌のサプリだと

これを飲むとこうなってこうなって

こうなるから腸内環境が改善する

みたいな身体の仕組みがわかっていない

といけないのではないでしょうか?

ということ。

 

飲んだらすぐ効くと思って

飲んで効かなかったら

その方はどうなるか?

 

 

 

しかもその人の経済力からして

負担が大きかったら…

プラセボどころかノセボ

富裕層の方はいいのかもしれませんが。

 

 

そこを理解しその方の経済面を考えると

そのサプリではなく

より適したもの(例えば日光はタダ)を

提案してあげることをやっていますか?

 

 

例え儲からないものでも

その提案をしてあげることで

「信用」もされる。

 

薬だって

「ジェネリック」があるように。

 

 

 

そうなると私がお客様側だったら

 

「○○さん(担当者)は何が

私にとっておススメですか?」

 

 

と聞きたくなる。

信用して委ねているから。

そしてそれを買う。

 

 

 

こんな 「物販」

 

そういう関係性になれるかどうか?

 

 

 

 

これも更にぶっこましてもらえば

 

「あ~私出来てる!」

 

と自己評価が高い方は

恐らくできていない

と思います。

 

 

 

先述したように

あなたはその方にとって

 

「医者みたいな存在」

 

ですか?と。

 

 

「どこでもドア」みたいな

カンタンな売り方をしていないですか?

 

 

 

他にも手段はあるかもしれないし、

その後のこと(購入した後のこと)

まで考えているかどうか。

 

言い方悪いけど売って売りぱなしに

なっていないか?そういうこと。

 

 

 

前回の「高額業務機器」の話と

規模や金額は違うけど

同じ考え方。

 

 

 

 

ここまでやらなくても

売れるものはいっぱいあります。

 

洋服を買うみたいな感覚で

美顔器を購入したり…

 

 

でもそれはそれで前述したように

幸せになれるのでいい

と思うのです。

 

どんなマシンでも外的な刺激を与える

から、それなりにむくみも取れて

すぐ小顔になるし。

 

(そこまでお金かけなくても

代用が効くのですが。)

 

 

でもこれはファッションだからOK。

今現在の見た目。

使用後のビフォーアフター。

何日か変わるだけでも大成功。

 

そしてそれをお客様は求めてる。

 

 

 

 

ただ

「痩せる」「シミが取れる」

「毛が無くなる(生える)」

みたいな表現のモノは

「洋服」では無い。

 

 

そう信じて買った人のこと、

効かなくて後悔している人のこと

生えてきてガッカリしている人のこと

を考えないと…ということ。

 

 

 

 

そう考えると

どこでもドア、タイムマシンみたいな

売り方はしちゃいけない。

 

 

 

 

 

 

 

以前のこのブログにも。

 

 

 

 

 

 

 

 

講習を受けた方からの質問の回答③~治療って~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初のこの方との話に戻ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

「物販」について①

 

 

 

 

こんな話をして

その方がおっしゃったことは

 

 

 

商売やっている以上

 

「熱意」と「金儲け」

 

これは両輪になっていて

両方がきちんと回らないと

前には進めない。

 

 

僕の周りには熱意はあるけど

お金がついてこないから

困っている人が多い。

 

 

どうやら美容業界はその逆かもね…

 

 

 

なるほど…

 

 

 

 

他業種の方の新鮮なご意見を聞くことが

出来て、本当に良い時間になりました。

 

客観的に自分を見る、見てもらう機会を

これからも取り入れていきたい

と思っています。