全国のエステサロン様、整骨院、整体院様のための株式会社パルティール卸事業サイトです

パルティールpartir
0120-248-695

パルティールpartir
ホーム >> 井内のひとり言 >> 木を見て森を見ず…

木を見て森を見ず…

 

こういうことわざがありますよね。

 

これは前回の生理学の話然り。

 

 

学問だけではなく

色んなことに当てはまるかと。

 

 

 

時間軸で見ても

「目先」の売上にとらわれて

 

「本来私たちはどうあるべきなのか?

どう世の中に必要とされているのか?」

 

を考えていないと(見ていないと)

いけないのでは?という考え

を表すのにも適しているのでは

と感じます。

 

 

同じようなことわざの

「損して得とれ」

よりはこの方が。

 

 

 

 

私達、美容、治療業界でいうと

「木を見て」というのは

 

「施術で一時的にサイズダウンさせる、

リフトアップ」

 

一時的にその痛みを取る」

 

などが挙げられるのでは

ないでしょうか?

対処療法的な。

 

 

 

対して「森を見る」「根本改善」

 

さっきのサイズダウン、リフトアップ

で言うと

 

「むくまない、たるまない身体に

するには?の施術」

 

そのために

 

「総合的に心と身体の

バランスを整える」施術。

 

 

痛みで言えば、全体を診て

「その痛みの原因はどこから発生して

いるのか?その原因を探して

根っこを改善する施術」

 

「もう通わなくてもいい身体の状態を

作る施術とカウンセリング

 

 

などが挙げられるかと思います。

 

 

 

自分が、自分の身内が通うなら

「森を見てくれる」

お店や院に通いたい。

 

当たり前にも関わらず

それが出来ているところが少ない

のが現状。

 

 

だから「世の中が良くなる」ためには

素人のくせして私みたいな人間が

講習して発信していかないといけない

この業界。

 

 

その「思い」が強い理由は

いつもこのブログに書いていますが

例えばこれ。

 

 

講習を受けた方からの質問の回答④~治療って~

 

 

 

 

 

先日「そういった思い」

を共有できるんじゃないか

と感じていた方に

 

「とは言っても目先の利益が出せないと

その思いは遂行できないよ

 

 

という言葉を頂きました。

それはごもっとも。

 

 

 

でもその「売り上げ」を作るために

やっていることが

 

 

「世の中の方の為にならないこと

だったら…」

 

 

もっとわかりやすく言うと

 

 

「人を欺いたり、だましたりして

売り上げを作ろうとしていたら…」

 

 

違いますよね。

 

 

 

その方は(これは一人だけではなく

過去たくさんいらっしゃるのですが)

「そんなことはしていない」

と言います。

 

 

でも客観的に見てると

「どうだろう?」

騙してはいないかもしれないけど

「それって??」

自分の利益しか考えてなくない?」

 

という言動をされていたりする。

指摘しても「自分の正当化」を主張…

 

似た話を確かこのブログでも

書きましたが。

 

 

高額な業務用機器を営業している方と話した会話(お店の物販率を高めることにも繋がる話)

 

 

 

私は今まで聖人君子な生き方は

していませんし

人を裁けるような人間でもありません。

 

 

ただ「思い」を共有できると感じていた

方がそんな風に豹変するのは

正直見てらんない…

森が見えなくなってる…

改めて…

 

 

 

 

「木も見て森も見る」

 

「森を見た上で木も見る」

 

 

そんな生き方をしていきたい

と思っています。

 

そしてその思いが遂行されることで

前回のこの文章

 

 

「ただこの世の中がもっと良くなっていく

ためには、医師や看護師では

埋めきれないものをエステテシャン、

医師では無い治療家の方で埋めていかな

いといけないのではないでしょうか?」

 

 

 

埋められ、多くのお客様や患者様から

支持される近い未来には

「目先の売上」

にも困らなくなっているのでは

ないでしょうか?

 

理想論ですが、追求しないと

現実にはならない。