全国のエステサロン様、整骨院、整体院様のための株式会社パルティール卸事業サイトです

パルティールpartir
0120-248-695

パルティールpartir
ホーム >> 生理学&物療講習の内容、質問について >> こういうところがエステ業界の問題点かと…

こういうところがエステ業界の問題点かと…

先日やはりエステ業界は

 

こういうところ

が問題だな

 

と感じる出来事があったので

投稿します。

 

 

 

 

まずは今から一カ月ほど前の話

 

 

 

1年半ぶりに取引先の社長(A社長)

から電話があり

 

 

「コミュニティーを立ち上げ、

エステスクールをやろうと思ってる。

協力してくれないか?」

 

 

 

とのこと。

 

 

そのA社長は不動産業界の有名な方で

エステ業は奥様がやっている形です。

 

 

その奥様(Bさん)とは

ハイブリッド導入店ということもあり

2年前まではスタッフ教育含めて

入り込ませて頂いておりましたが、

Bさんが目先の売上に走っていて、

 

「これでは井内さんとは

合わないだろう」

 

と、A社長も気づいて下さり、

私とBさんが距離を置くように

仕向けてくれた方でもあります。

 

その後A社長と二人で

何度か飲みに行ったりして

他業種の様々なことを教えて頂いたり、

人生の先輩としてこれからも慕って

いきたいと思っていた方でもあります。

 

 

 

 

途中で電話をBさんに代わられ

詳細を話され「協力してくれない?」

と言われましたが

2年前のこともあるので二つ返事で

承諾することはせず

 

Bさん

 

 

「一度お会いしましょう。その前に

僕がどんなことを

やっているのか?

どんな考えなのか?

お伝えしたい。

Bさんのお時間を取らせないように

これはブログを読めばわかるので

読んで頂き、その上でお会いした方が

良いかと思います。」

 

 

と伝えました。

 

お会いする前に断ってこられるなら

それはそれで。

ぶつからなくて良いかと感じ。

 

 

念のため会う前に数度

「ブログは読んでくれましたか?」

と連絡は入れました。

 

会った時、結局残念ながら

ほとんど読んでなかったのですが…

 

 

 

それなら…とBさん面と向かって

「思い」

「考え」

を伝えました。

 

 

 

このような

「思い」

「考え」

に沿った

スクールになるなら

お力になりたいと。

 

 

 

 

 

Bさん

 

「そういう理念は大事よね。」

 

「エステスクールのテキストを作った

んだけど見てほしい。

このテキストにプラスして

理念のテキストも作りたい。

そのたたき台を作ってほしい。」

 

 

 

 

そのテキストは簡潔に出来ていて

今までに見てきたスクールや協会の

テキストに比べると

良いものだったのですが

良く読むと、

突っ込みどころ

は満載。

 

(脂肪がリンパに流れるとか。

これだと勉強するエステテシャンが

中性脂肪と脂肪細胞の区別が

つかないんじゃないか…などなど)

 

「脂肪がリンパに流れる」というエステテシャンが多い理由

 

 

編集したのはBさん

そのご友人のベテランエステテシャンの

Cさんということ。

 

ではまずCさん含めてお会いする形

にしましょう。

 

全てはそこからで…

 

ということからの

 

 

 

 

今回の話。

 

 

 

 

 

A社長BさんCさん私の4人で

会ったのですが、まずBさんCさんから

言われたのが

 

 

「井内さんは普段

どんなセミナーを

やってるの?

まずはそれを

聞かせてほしい!」

 

 

とのこと。

 

(ブログに全部書いてるのにな~)

と思いながらも、PCを持っていたので

パワポでお見せしました。

 

 

 

 

・大筋はいつも変わらないが

事前質問用紙を書いてもらい

参加される方の知識量や経験に合わせて

内容を変えていること。

それは貴重な皆さんの時間を頂いている

ので無駄な時間や説明を省きたい

という意味で、ということ。

 

 

 

・講習の内容を「学びたい」

と思えるためには、

現在の社会問題を知ってもらうこと。

その問題に対してエステテシャンが

貢献出来ることがたくさんあること。

エステテシャンという職業が

どれだけ素晴らしい仕事か?

こういった社会問題対策にも

全て繋がるんだということを

理解して頂くともっと

 

「誇り」

 

持てる職業だということ。

逆にそれがわかっていないと

今までと変わらない。

そして学んでも

真の学びにならない。

 

学ぼうとする

モチベーション

は上がらない。

更に学んでも

すぐ忘れる。

 

 

 

 

前回のブログでもお伝えしたココ!

 

 

 

 

 

こういうことを

パワポで簡単にお伝えした上で

本題の内容をお見せしました。

 

 

 

 

 

 

プラセボ効果の話

血液(赤血球)の話

ホルモンの話…

 

 

予想はしていましたが

BさんCさん

 

ほとんど

わかっていない…

 

 

スクールテキスト作成者にも関わらず…

 

 

 

 

例えば

 

 

Cさん「プラセボって機械は知らない」

 

井内「…(機械じゃないですよ)」

 

Bさん「プラシーボでしょ。

知ってるわよ。(逆キレぽく)

プラセボなんて略称で言うと

わからないわよ!」

 

 

井内「…(この後、話が入っていく

のか…不安)」

 

 

 

 

とはいえ、真剣に聞いて下さっていた

ので、これがお二人の

何かを変えるきっかけ

になれば…

ときちんとお伝えしました。

 

 

 

 

 

 

終了後…

 

 

 

隣で黙って聞いていたA社長が一言

 

 

「俺の周りの経営者連中は

朝日を浴びながら

6時半に体操をしている。

だから70才越えても

現役で、健康でいる。」

 

 

 

 

「井内さん…

でもこれじゃあ

稼げないんだよ」

 

 

 

 

井内

「おっしゃりたいことはわかります。

でもこういう身体のメカニズムを

エステテシャンがわかっていることが

大切じゃないでしょうか?

自分の施術やマシンにオーバートークで

付加価値を無理やりつけて

単価を上げようとするより。

 

お金を掛けないでもいい

方法があるということを。

正義感や理想論振りかざしているだけだ

と言われることも多いです。

でもここを追及していかないと

今のままでは、3年後5年後

こんな低レベルではエステ業界は

衰退していくだけだと思うんです。」

 

 

 

 

A社長

 

「それは井内さんが余裕があるから

言えるんだよ。俺らは事業者なんだよ。

こいつら(BさんCさん)は

今、金が必要

なんだよ」

 

 

 

 

井内

「だからと言って

騙す

のは違うかと」

 

 

「そんな金の稼ぎ方は

『オレオレ詐欺』

と変わらないと思うんです」

 

 

 

 

 

 

 

A社長

 

「めんどくせえな。

こんなの騙す内に

入んねえんだよ。

不動産の業界で

騙すっていうのはな~

○△□○□×△…」

 

 

 

 

「エステテシャンなんて

バカじゃねえか、

ひどいもんだよ。

それに騙されてるとも

わかんねぇ奴らなんだよ。

こっちも騙されてきてるんだよ」

 

 

 

 

BさんCさん「そうよそうよ(笑)」

 

Cさん「私はお金が欲し~い!」

 

Bさん「そうだよ!井内さんの伝えたい

『ニッチ』

な内容を広げてもね~○△□△○○…」

 

 

 

 

 

 

 

『ニッチ』なんだ…

もういいや…

関わりたくない…)

 

 

 

 

井内

 

「ごめんなさい、

今回の話は

無かったことに

してください。

無理です。

お力になりたく

ないです。」

 

 

 

 

A社長

「わかった。そうだよな。」

 

BさんCさん

「…」

 

 

 

2回、約6時間に渡るこんなやり取り

がありました。

BさんCさんはともかく

今でもA社長のことは好きです。

好きだからこそ、好きでいたいからこそ

ここまで話しました。

 

今でも

「やっぱり井内さんの言ってる

ことが正しかったわ…」

と電話がかかってくることを

待っています。

 

 

 

 

このブログを毎回読んで下さっている

皆様はどう感じましたか?

 

 

私がノルマも歩合も無い

サラリーマンだから?

安定してるから?

娘がいるから?

 

そうかも知れません。

 

こんな講習をやっていると

大なり小なりこういうやり取りは

多いです。

 

一緒に「世直し」しよう

と言っていた仲間からも

言われた時はあります。

 

 

 

前回のブログにも書きましたね…

 

 

 

 

「スーパーウェーブハイブリッド」って?

 

 

犯罪する

くらいなら

戯言と

言われて

上等やんけ!

 

 

その犯罪の基準はどこに…

自分の中で「犯罪」と思ったら

「犯罪」なのかなと思います。

 

私の話を聞くまで

「事実」を知らなかったという

エステテシャンの方も多いですし。

 

 

でも

無知も犯罪

だと今は思っています。

 

 

 

以前の私がそう。

 

もう倒産していますが

ある大手のエステ会社の代理店

をやっていた時…

 

 

今思い返すと

 

「ウソばっかり教えとるやんけ!」

 

「買ってくれたお客さんに

そのまま言うてしもうてるわ!」

 

 

という憤り…

 

 

 

そして我がが「売上」を上げるため、

「お金を稼ぐ」ために必死で、

教えてくれてる営業トークに

疑問を持たないように

自分に言い聞かせて

 

「真実」

 

 

に目を向けず、調べよう追求しよう

ともしなかった

自分 がいたことを…

 

 

だから今やっていることは

過去の自分への

戒め

でもあるのです。

 

 

 

2月に書いたこのブログも

問題点のジャンルは同じ内容でしたね。

この方には

結局逆ギレされたままですが。

 

 

高額な業務用機器を営業している方と話した会話(お店の物販率を高めることにも繋がる話)

 

ご存知な方は多いと思いますが

私の気持ちが変化した理由はこの内容。

 

講習を受けた方からの質問の回答④~治療って~

 

 

今回の内容について

皆様からの

ご意見、反論

など何でも

頂けたらありがたいです。

 

まだまだ成長したいので。

なぜか?

「詐欺みたいな商売」

が世の中まだまだ

蔓延っているからです。

関わる人だけでも

気づいて

変わっていく

きっかけになれば…と。