全国のエステサロン様、整骨院、整体院様のための株式会社パルティール卸事業サイトです

パルティールpartir
0120-248-695

パルティールpartir
ホーム >> 生理学&物療講習の内容、質問について >> 帰納法と演繹法①~BWJを前にして…~

帰納法と演繹法①~BWJを前にして…~

帰納的な考え方と

演繹的な考え方。

 

 

これはここ数年

私がマシン開発や化粧品開発

をする中で当社社長に

徹底してもらえた考え方です。

 

 

私の知る限り、当社社長が

恐らく日本一その考え方を

徹底されている方だから。

 

 

 

 

 

 

 

つまり両方の考え方が

きちんと揃わないと

社長のOKは出ない

商品を作らないということ。

却下される。

どんなに売れそうなモノでも。

 

自分事ですが小さいころから

算数や数学を真面目にやってきて

良かったと感じます。

やってなかったら

その社長の考えを理解できなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

「井内さんって

どうしてそんなに

機械のことや

身体のこと

詳しいんですか?」

 

とか

 

「マシンの性能や化粧品の成分など

見分けられるようになりたいんですが

どうすればそうなれますか?」

 

とか聞かれます。

 

 

 

どうして「そうなったのか?」は

社長とのミーティングのやり取り

がルーツ。

 

 

このようなめんどくさい井内が

出来上がりました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

「このマシン結果スゴク出る」

「カンタンに痩せた!」

「結果出るから売れてるんです!」

 

 

来週から始まる

BWJでも

飛び交う言葉…

 

 

そもそもその

 

「結果」

って何?

 

という部分ですが…

 

 

いつもの話ですが…

 

以前のブログを一つ

リンクさせておきます。

 

 

 

 

 

一回の施術のビフォーアフターって

 

「むくみが取れた」

ことを結果結果って…って話。

 

 

そして何人かが結果が出た

(むくみが取れた)という理由で

 

まるですべての人が痩せる

かのような結論を出す。

これが帰納法。

 

 

 

 

 

 

 

対して「メーカー」側(売る側)

はエビデンスエビデンスを売りに

 

演繹的に売ろう

 

とする。

 

 

 

これが演繹法。

 

 

もちろんこれから広めるのであれば

使っている方がいない

(帰納的に考えられない)

ので、そうするしかないのですが。

 

 

この例は「人が死ぬ」という事実なので

共に間違っていないのですが、

美容業界と一部の治療業界での

 

「結果」って

どうなん?

 

って話。

 

 

痩身で言うと先ほどの

「一時的にむくみが取れた」ことを

「痩せた」にすり替えてしまうと

一体どういうことになるのか?

 

一時的にむくみは取れるけど

体脂肪も体重も減らないんだけど…

というお客様はどんどん増えませんか?

増えてませんか?

信用無くしてませんか?

 

なので昔あれほど真剣に取り組み

大好きだったBWJですが

今は会場にすら行きたくない。

 

中に入ると「売る」ための

そんな言葉ばかり

耳に入ってくるから…

 

 

 

営業側も購入側も

 

「身体がどうして

そうなるのか?」

 

を考えないと…

 

 

 

そのためには

 

「解剖生理学」

「物理療法」

 

の知識が多少は無いと、

演繹的に考えられない。

 

身体の原理原則

 

がわかっていないと。

 

演繹的に考えるとはそういうこと。

 

 

でもこれを「理論は要らない」

「痩せればいい(変わればいい)」

みたいなことを言う方が多い。

 

 

今日もベテランの治療家の方と話して

「両面から考えられていない」

ことに気づき、初対面なのに

私から説教してしまうような状況…

 

 

メーカーの言うことを信じて

色んな商材をたくさん

導入しちゃってるんだもん…

その院の患者さんもかわいそう…

 

 

考えられていないのは

エステテシャンだけでは無い

という事実…

 

 

考えることから逃げてるのか?

金儲けしか考えていないのか?

 

 

どちらかとしか思えないのです。

いかがでしょうか?

 

 

 

 

 

あと良く

「エビデンスが…」とか言ってますが

メーカーの言うそのエビデンスが

正しいものであればいいのですが

 

 

「こじつけ」

 

 

「ありえない

条件下での

エビデンス」

 

 

だったりする。

それ同じことが体内で起きないでしょ!

みたいな突っ込みどころ満載

エビデンス…

 

 

 

 

更にそれをオーバートークで売るので

使う方が

「あれ?効果出ない」

と思う。

 

 

しかも「ソフト」「演繹的考え」

がないから、

そこからの応用が効かない…

またまたお客さんかわいそう…

 

 

これとも同じ考え方

 

木を見て森を見ず…

 

 

 

 

 

更にぶっこめば

 

「美容業界の噂」

 

も同じ。

 

 

 

「あの人○○らしいよ」

という噂が尾ひれ背びれを

付けて広まり…(笑)

 

 

狭い業界ですし…

 

 

 

「あの人○○で××で△△だよ」

 

という結論になって伝わっている始末。

 

 

 

出来るだけ

「そういう噂」

をする方とは

絡まないように

していますが

 

(目的意識が低く暇な方ほどこういう話

をしてる。

金儲けしか考えていなくて

人を蹴落としてばかりの人も同じ。

どちらも世直しで絶対絡めない人。)

 

 

 

 

もし耳に入ってきたとしても

 

「それ本人に裏を取ったん?」

 

と聞きます。

 

 

 

「そうじゃないだろ?」

 

と自分が見て思う人の噂なら特に。

 

 

演繹的に考えて

おかしいから。

 

 

まぁ私自身もたくさん言われてる

かもですが…

 

 

その時は皆さん、

私に「裏」を取って下さいね!(笑)

 

 

 

次回から数回に渡って

帰納演繹的考えで

痩身機、美顔器、脱毛機、化粧品

の商材についてぶっこんでいきます。