全国のエステサロン様、整骨院、整体院様のための株式会社パルティール卸事業サイトです

パルティールpartir
0120-248-695

パルティールpartir
ホーム >> 生理学&物療講習の内容、質問について >> 高齢者の運転問題対策①

高齢者の運転問題対策①

佐賀にいます。

以前から講習では話していますが

昨晩、佐賀の柔整師の方と

話していて

「やはりこの話はどんどん

発信していかないといけない」

と感じたので投稿します。

 

「運転問題」です。

NMESハイブリッド波の

「高齢者神経促通貼り」

は数年前からも投稿しておりました。

いくつかありますが二年前のこれなども。

ひざの痛い方に(変形性膝関節症その2、神経、受容器へのアプローチも。PNF)⑦⑬㉘

この内容は「膝関節症」

の予防、対策になっていますが

神経促通(PNF)を

ハイブリッドを使ってやっていくやり方。

運転される方…

流して頂きたいのです…

講習の話だとこういう内容。

 

単なるEMSじゃないのでこんな位置に流せますと。

 

さて本題です。

また誤解されないように

何回かに分けて投稿します。

いつも一回のブログ長いし 🙁

一か月前のこの事故から

「思い」は加速しました。

私だけではなく

「対岸の火事」

とは思えない方は

多いのではないでしょうか?

講習ではこういう形で

お伝えしています。

飽和状態の整骨院業界

「商売」のために色々やられている…

 

 

私の地元の徳島は

車無しでは生活できません。

昭和21年生まれの父親

も運転するので

(幸いマニュアル車なので少しは安心)

帰省するたびに拙い技術では

ありますが私がPNFの施術をしています。

「ハイブリッドここ貼って流しといて」

とも伝えます。

こんなことを父親にやってくれる

整骨院が家の近くに欲しい。

先日の山口も今いる佐賀も

似た環境…

もっとやらないといけない

ことがあるはず。

目先の売り上げももちろん

大切なのはわかっていますが…

講習では伝えていますが

ここで大切なのは

「外側から」の施術

だけに走ったら中途半端

ということです。

これだけだとまだまだ事故は減らない。

 

「思い」を共有している

一部の柔整師さんは

ものすごく共感してくださっている

内容ですが、このブログに書いて

「伝わるかな?」と思っていました。

 

でも少しでも多くの治療家の方、

そしてエステテシャンなど

全セラピストの方にも

発信しないといけないのでは?

と感じたのでこれから

何回かに分けて

投稿していこうと思っています。