全国のエステサロン様、整骨院、整体院様のための株式会社パルティール卸事業サイトです

パルティールpartir
0120-248-695

パルティールpartir
ホーム >> 効果的なパッドの貼り方 >> 貼り位置101~ >> ご自宅でストレッチしながら流すと効果的な貼り位置 109

ご自宅でストレッチしながら流すと効果的な貼り位置 109

外出しづらいこの時期に

自宅での使用におススメな

貼り位置をご紹介します。

109

 

 

コロナの影響で

現在出荷のハイブリッドには

セルパッドプラスが

同梱されていますが

効果的に使って頂きたい

と思い、作成致しました。

 

以前ご紹介した107番の貼り方を

進化させた貼り位置です。

ハムストリング正常化貼り 107

 

107では斜めでしたが

そのまま斜めでもいいですし、

このように縦でも構いません。

この部分の反射点を狙っています。

なかなか外出できず

ハムストリング(太もも裏)が

固くなってしまっている方も

多いのでないでしょうか?

 

二年くらい前にこのブログでご紹介した

「ハイブリッドストレッチ貼り」

は緩ませられるハイブリッド波だからこその

「緩めたい患部にダイレクトに貼る」

貼り方でしたが、

私も自分に試したり、

柔整鍼灸師さんスポーツトレーナーさんに

施術してみて

「患部(硬結部位)に触らない方が効果が出る」

と実感しています。

一時的な循環改善させても

戻ってしまう場合がほとんどです。

だから今回もハムには貼っていません。

 

 

更にセルパッドプラス(青い方)は

おへその上あたりに横に貼ります。

左右の腸腰筋の反射点を同時に

ハイブリッド波で刺激します。

治療として使う場合は通常パッドで

ピンポイントで狙った方が効果的です。

今回は「健康な方」の

「ストレッチ」目的貼りです。

 

TV見ながらでもこんなストレッチを

しながらやると効果的かと思います。

背面の仙腸関節のパッドはハムだけではなく

大殿筋、中殿筋、梨状筋などの

お尻の筋肉の正常化にも繋げられます。

 

ハイブリッドモード

レベル3~6

時間5~10分(長くてもOK)

こういった反射点や経穴への

エネルギー注入は

ハイブリッドモードが

抜群の効果を発揮します。

 

 

 

10分流した後、

簡単に貼り替えできる位置の

貼り方もご紹介します。

 

 

 

仙腸関節のパッドを少し上にずらして

109-1

 

この位置に流すことで

腓腹筋、ヒラメ筋などの

ふくらはぎの筋肉が固い方にも

効果を感じて頂けるかと思います。

 

更に

前脛骨筋や後脛骨筋

(すねやアキレス腱あたりの筋肉)

の正常化させる反射点ですし、

腰や背骨周りの筋肉の反射点

でもあるので下肢の状態が

どんどん軽くなっていくのを

実感できるかと思います。

 

セルパッドプラスをお持ちでない方は

同じ部分に通常パッドを貼っても構いません。