全国のエステサロン様、整骨院、整体院様のための株式会社パルティール卸事業サイトです

パルティールpartir 070-6805-8403

パルティールpartir
ホーム >> 生理学&物療講習の内容、質問について >> ホメオスタシスについて④~ある柔整師さんからの質問の回答~

ホメオスタシスについて④~ある柔整師さんからの質問の回答~

仲良しの岐阜の柔整師さんから来た

LINEでの質問の回答

について共有致します。

 

こんなやり取り

 

 

 

この方は変なプライドが無く

とても前向きな方なので

私が協力できることは

何でもしたいと思い

ハイブリッド導入前から

ずっとやり取りしています。

 

全国で講習してきましたが

「外側」しか診ない

柔整師さんは非常に多い。

このぎっくりに関しても

「内臓不調」まで診れていない。

筋、筋膜、骨格、神経までは診れても。

 

ただこれはこの方が言っている様な

「食」について勉強しましょう

という話でも無いのです。

もちろん学ぶに越したことはないですが

それで多くの方のぎっくりを改善できますか?

と聞きたい。

改善して再発しない身体になるまで

その方の「食」管理に寄り添えますか?

 

「食」のアドバイスや管理…

これはエステ業界で流行っていますよね。

別にそれが合ってる間違ってる

ということを言いたいのではなく

そのアドバイスしたとしても…

ちゃんと実行し続けられる方が

どれくらいいますか?と思うのです。

 

性格的にも経済的にも…

 

出来る方を基準に考えるか

出来ない方を基準に考えるか

 

「食管理」が出来ないから

「ぎっくりが慢性化してる」

のでは?と診ると

私なら出来ない方を基準に考えます。

 

食に対して節制できない

(アルコールや喫煙も同じ)

ならどうすれば良いのか?

どうすればホメオスタシスを

整えて体調管理

(この場合ならぎっくりにならない様に)

出来るのか?と。

 

ここでも「ホメオスタシス」なのです。

 

外側からしか診ていないと

この発想にならないのかもしれません。

この岐阜の柔整師さんは

ハイブリッドで頭蓋骨調整治療もやっています。

頭蓋骨調整で周辺の経穴を刺激し

脳脊髄液循環も促すことで

全体が調整されます。

 

だとしたら

そのぎっくりの患者さんの

性格やライフスタイルまで診て

「食をコントロール」

出来なさそうな方なら

私ならこんな話をするかと思います。

 

「今回のぎっくりは○○さんの食生活が原因で

引き起こされてるかと思います。

今から施術で痛みを取りますが

今の生活を続けているとまたぶり返す

ということは頭に入れておいてください。

とはいえこのご時世、特に今は自粛だらけで

なかなか食やアルコールなどまで節制するのも

難しかったりするかと思います。

食生活が原因の大きな要因ということは

頭には入れておいて欲しいですが

出来ない時はその分代わりになる方法を

いくつかお伝えしますね。

○○さんにとって「ハードルが低い方法」で

自分の身体をケアされてみて下さい。

『日光を浴びる』とか

お金の掛からない方法も

いくつもアドバイスできます。

ぎっくりと関係ない様に思えるかもしれませんが

当院の頭蓋骨調整も予防に効果的です。」

 

 

「患者を識る」

ということ。以前こんなブログを書いていました。

この天野先生は医者にも関わらず

30分問診される先生みたいです。

 

「プロフェッショナル 仕事の流儀」

患者を識って治療するなら

治療者側は

「ハードルの低い方法」

をたくさん知っておいた方が

良いと思っています。

 

 

たくさん知っておかないと

「日光浴びてるんですが…」

と言われた時に

「じゃあ何が原因か?」

「どうすれば

日常生活でケアできるのか?」

の答えが見つからない。

 

更に言えば

ハードルが低い方法

と言っても人に寄っては

ハードルが高かったりする。

 

 

例えば、運動、ヨガ…

さっきの「食事管理」と同様

「わかってるけど出来ない」

という方も多くないでしょうか?

 

長くなったので次回ブログで

「ハードルの低い方法例」

箇条書きしてみます。