全国のエステサロン様、整骨院、整体院様のための株式会社パルティール卸事業サイトです

パルティールpartir
0120-248-695

パルティールpartir

肩、背中、首のコリでお悩みの方に 108

月に2回のイベントとして

当社社長と深夜まで麻雀を囲んでいます。

もうかれこれ10年以上(笑)

「麻雀」の画像検索結果

 

高いレートということもあり

長時間の覚醒、集中が

ノルアドレナリンなどを大量分泌させ

終了後の睡眠を妨げます。

寝られません(笑)

 

 

毎回、翌日は肩、首、背中

ガチガチな状況…

 

 

いつもハイブリッドにお世話になり

色々な貼り位置に流していました。

皆様にもお伝えしてきました。

 

 

今回、「これが一番効く」

と感じた貼り方を公開したいと思います。

 

108

 

はい

肩や背中に貼っていません。

またまたハイブリッドならではの

「神経リンパ反射貼り」です。

上部僧帽筋、棘上筋

肩甲挙筋、肩甲下筋

などを正常化させることを考えた位置です。

背中だけ凝ってるというような方は

もっとピンポイントでやった方が

効果的なので要望頂ければ

個別講習などでお伝えいたします。

パッドを小さく切って

もっと細かい位置を狙います。

 

過去、ご紹介してきた貼り方よりも

効果的だと思います。

 

凝ってる部位に流すことや

手技を入れることを否定はしませんが

あくまでもその場での

「循環改善」

の要素が強い。

 

そして「慰安」としては

良いのかもしれませんが

2~3日でぶり返すことが

本当の「慰安」になるのか?

という目線で考えてしまいます。

 

 

 

 

 

全国にハイブリッドを広げている中で

勝手にですが、師匠と思えるような

宇宙人のような…

わかりやすく言うと

 

一回で治す真の治療家

 

に出会えています。

ハイブリッドからのご縁に

本当に感謝です。

有難いです。

 

 

3人いらっしゃり

三者三様

「やり方」は違いますが

患部を(ほぼ)触らない

点は同じ。

 

高価な治療器よりもハイブリッドを

高く評価してくださっている

この3人の方と出会った以上

このブログをお読みの方には

何かの形でお伝えしていかないと…

と思っていました。

 

 

お伝えするとしたら

井内流の「やり方」になりますが。

 

3人のやり方はまるで

 

キン肉マンの

スペシャルホールド

 

みたいなものなので(笑)

 

「キン肉マン  マッスルスパーク」の画像検索結果

 

こんなスペシャルホールド

よっぽど解剖学に熟知していないと

使えない。

私もまだまだ学び途中なので

ここでは

伝えられない

伝わらない

伝えたくない

伝えるべきじゃない…

 

 

 

過去、数多くの治療院、整体に

患者、お客さんとして行きましたし、

ハイブリッドの多くの取引先もあります。

 

患部を触る治療

凝ってる部位をもみほぐす

 

院やお店がほとんど。

 

 

治療院、整体院だけでなく

エステサロンなどの美容サロンも

飽和状態なのでどんどん

廃業しているお店も増えています。

これからも増え続けると思います。

 

 

 

新しいマシンやメソッドを

高い金額を払って導入して

その回収のために

回数券などを売るような

その場しのぎをし続けられる

時代ではないと

全国を回って感じています。

 

「親をその院に行かせられるか?」

という目線で考えたら。

 

 

だとしたら、

医療では出来ないことが出来る

フィールドがここにあるのなら

せっかくなら追求したい。

私はそう感じています。

 

 

 

「やり方」だけ学んで

すぐ好転するものではないですが

少なくとも

ハイブリッドのメソッドと考え方は

その場しのぎなものではありません。

 

まだまだ少数の方の支持しか無いですが

今後もハードプラスソフトの講習を

やり続けていこうと思っております。

 

 

今回の貼り方は施術者の方に

自分のケアとして貼って頂きたい

と思っています!

何故この表側の位置か?

です!背中側、背面だと

胸椎を自分で触ることは難しいですし

パッドも貼りにくい。

C1.2、後頭下筋辺りも

パッドが剥がれて貼りにくいので。

そういう意味で

自分ケア用の貼り位置として

最適な貼り方かと思っています。

 

 

施術者の方がご自身に

流してみての感想などの

連絡をお待ちしております。

 

k-inouchi@partir-cb.com

 

 

ハムストリング正常化貼り 107

先週は東海地区で

一流アスリートの方々への

ハイブリッド施術と

私と同じくらい変態の

治療家(笑)の方々への講習などで

東京を留守にしていました。

 

 

今日は

「ハムストリング」

の正常化貼り。

 

 

 

前回の投稿を読んでくださった方から

 

「施術の幅が

無茶苦茶広がった!」

「患部を触らず施術します!」

 

などなど!

 

「筋肉痛」という題名でしたが

スパズム(痙攣)

にも効果的ですし

硬直は弛緩し

弛緩は正常に

なっていくみたいです。

 

 

数多くのお喜びの声が頂けて嬉しいです。

 

 

 

 

さて、東京に帰ってきて驚いたのは

 

先日の

田中みな実さんの

インスタライブの反響!

 

当社はハイブリッドとシュアライン

だけではありません。

むしろ直営店で売れているのはこっち!

 

セルキュアSP24

です!

 

インスタライブ中に

それこそ北海道から沖縄まで

全国から注文が相次ぎ一日で数十台…

 

私も本社にいたので

問い合わせの電話に出ないといけない状況…

 

「全国でもっと体験出来るお店

があった方がいいな…」

 

「アフターフォローも

出来るのにな…」

 

と、心から感じました。

 

残念ながらディーラー卸は

やっていないため

今まで私からは

ほぼ案内していませんでしたが

ディーラーさん経由で無い

直接の卸は可能ですので

こちらのサイトから

井内宛にお問い合わせください!

 

 

 

 

さて、本題のハムに戻ります。

本当は今回臀部痛の貼り方を

ご紹介しようと思っていたのですが

毎年、秋に多摩センターから江の島まで

長距離ウォーキングをされている

ハイブリッド導入店の

多摩センターの美容師さんから

「太もも裏が本当に痛かったんです!

教えてください!早く知りたかった!」

と連絡をもらい(笑)

 

次回はこの貼り方を流してから

42Km歩いてください!

 

107

緩めることも同時にできる

NMESハイブリッド波

ならではの特性!

 

 

NMES 神経筋電気刺激法

(Neuromuscular electrical stimulation)

 

 

 

PSISへのアプローチは

私も様々なマシンを体感していますが

ハイブリッド以上のモノに

出会ったことがありません。

 

そもそも開発時に

PSISへのアプローチは

思いっきり逆算して製造した

 

周波数

波形

出力の出し方

 

ですから。

 

 

 

PSISは梨状筋、中殿筋、腓骨筋など

様々な部位の反射点ですので

今後もたくさん登場します。

今回はハムストリングということで

結ぶのはここ

 

片側、例えば

右ハムだけが痛い場合は

右側だけ貼ってくださいね!

 

 

筋肉痛時のハイブリッド貼り位置(四頭筋) 106

明けましておめでとうございます!

今年もよろしくお願いいたします。

 

12月も新しい「貼り位置」を次々に

作り出していましたが

全く投稿せずに申し訳ありません。

個別にはお伝えしていっています。

お問い合わせください。

 

私事ですが、

年末年始は軟式ボールを

投げまくっていました。

 

理由…

肩と肘を

痛めるため

 

その理由…

NPB球団での

プロ野球選手の治療に

ハイブリッドを

使ってもらえそうだから

 

 

自分自ら

ハイブリッド治療法

の効果を実感したい

 

 

 

近所の某国立大学グラウンドを

お借りして壁当てばかりしていました。

 

しかし…

運動を一切していない身体には

すぐ筋肉痛がやってきました。

 

最初は臀部

翌日は臀部+四頭筋…

 

肩、肘痛める前に

身体動かず…(笑)

 

絶好の機会とみて、

神経リンパ反射点

へのハイブリッド波を

流してみました!

 

 

 

びっくりの結果

副産物!

 

 

ハイブリッドモードレベル6

なんと10分 

四頭筋(太もも表側)

の痛みが消えました!

 

 

106

お陰様で

朝投げて夕方には痛みなく

また30球

普通に投げられたのです!

 

※ちなみに患部(四頭筋)に

直接流してみた時は

10の痛みが8~9程度

にしかならなかったのです。

講習ではいつも話していましたが

自分の身体でよ~くわかりました。

 

 

 

年末年始のお休みで

今日から仕事の方は

多いかと思いますが、

久しぶりに動いて

身体が痛いな~

という方もいらっしゃるか

と思い投稿させて頂きました。

 

この貼り位置は

一石二鳥で

横隔膜ほぐしも!

 

こういうメリットがあるのが

普通のEMSマシンではできない

緩めることも同時にできる

NMESハイブリッド波

ならではの特性!

 

 

NMES 神経筋電気刺激法

(Neuromuscular electrical stimulation)

 

 

 

他に痛めた

臀部、ハム、腸腰筋

の貼り方もそれぞれ引き続き

投稿していきます!

特効穴ハイブリッド貼り位置 104 105

半年ぶりの貼り位置投稿を致します。

 

投稿はしていませんが

 

「どんな治療機よりも

ハイブリッドが一番だ」

 

「医療革命だ」

 

 

とまで言って下さる

私の師匠、日本一の治療家だと思う師匠

(鍼灸柔整師)直伝の

ハイブリッド使用法、貼り位置は

このブログに載せている

貼り位置以外にたくさんあります。

 

講習でお会いする方には

お伝えしています。

ただこのブログには

今後もお伝えは致しません。

 

理由含めて講習ではお伝えしますので

お問い合わせ頂ければと思います。

 

 

そんな中、私も独学ではありますが

師匠を見習って新しい使用法を

日々考えております。

その中での二つの貼り位置を

今回ご紹介いたします。

 

「貼り方(やり方)」

だけになりますが

ご了承ください。

 

その奥に潜む意味は

なかなかこのブログでは

伝えきれないのです…

 

104

 

腰の二枚は

この経穴

を狙っています。

 

EMSという次元では無い

ハイブリッドNMES

だからこそ。

 

周波数という次元で無く

波形や出力の出し方に

こだわっている

ハイブリッドだからこそ

生まれてくるこの経穴刺激。

 

鍼刺激に非常に近いハイブリッド波。

 

他の機器では真似できない効果を

実感して頂けるかと思います。

 

肩と腕の経穴はここ。

 

 

左側だけのアンバランスな貼り方です。

一言で言うと

敢えてアンバランスにして

脳に働きかける。

ホメオスタシス調整。

自己治癒力正常化。

特効穴への刺激なので

全体に働きかけます。

 

今までの私の貼り位置もそうですが

エステティックや整骨院では

左右対称のバランス

が取れた貼り方をしている

のがほとんどかと思います。

 

「筋膜調整」

という外側治療の考え方なら

左右対称でいいかとは思いますが。

 

鍼灸ではそうではありません。

 

この考えを今回は練りこんでいます。

 

これを応用したもう一つの貼り方

これは経穴部位がこの部位なので

ご自宅で自分で貼りにくい貼り位置かと思います。

施術者向けの貼り位置だとお考えください。

 

105

 

シュアラインαについて

仲良しのゴッドハンドのエステテシャンから

 

「遠赤マット

(シュアラインα)って

痩せ体質になっていくの?」

 

と質問がありました。

 

 

説明が長くなるので

 

「昔のブログを見て!」

 

と答えたのですが、この機会に前回の

 

「和温療法」

 

の話の続きも兼ねて

書いた方がいいのかな?と。

 

 

 

2年前に7話に分けて書いたブログはこちら。

 

温活シュアラインα 遠赤外線のお話し①~はじめに~

 

 

今回はこの7話の内容を

超まとめてお伝えします。

極力

「頭とお尻を引っ付ける」

様な内容で(笑)

 

なので疑問、質問が出て来たら

どんどん連絡頂けますでしょうか?

 

 

 

①そもそも世の中の遠赤マットは

オーバートークだらけ

 

②遠赤だけじゃなくラジオ波やキャビやHIFUも

美容治療業界のほとんどのマシンが

オーバートーク

 

③昭和の時代から続く

「汗をかいてデトックス」

についての疑問

本当にみんな痩せるの?

 

 

④シュアラインαはカーボン線を使っての温め

 

 

 

①②はまた敵を作ってしまうので(笑)

詳細は書きません。見出しだけ(笑)

 

 

③から。

 

 

痩せるってどういうこと?

私は

「代謝機能の正常化」

という言葉で説明しています。

 

 

カンタンに脂肪は燃えません

脂肪細胞は熱で溶けません

 

などなど…

 

 

美容業界に蔓延るこういう

 

「セールストーク」

 

「オーバートーク」

 

を一度

リセット

してください。

 

 

リセットしないと

(数学の公式みたいにみんな信じてる)

この後の話は理解できません。

 

それは以前の投稿でも載せたこういう内容。

 

 

 

自律神経、内分泌、免疫

 

おもに脳や腸がコントロールしている部分

 

そう、ホメオスタシス。

 

 

 

 

 

こうやってメッセージを送りあい

調和

を保っている部分

 

 

それが様々なストレスで乱れると…

 

 

 

当たり前に

「代謝機能」

は乱れます。

 

 

「そんなことわかってるよ~」

とおっしゃる方も多いでしょう。

 

でも遠赤マットを高温で使用し

お客様に汗をかかせていませんか?

 

「汗をかいて痩せたい!」

と理性脳で思い込んでる人以外は

ストレスになっていないでしょうか?

ということなのです。

 

 

汗をかかせることで

逆にホメオスタシスを

乱れさせている

ということに目が向いている人は少ない。

 

周りを見ている限り

治療業界の施術者も

あまりこういうことを理解していない。

 

 

なので数年前から講習などでも

ず~っと言い続けてきています。

 

 

汗をかかせて

痩せた気にさせるより

もっと大切なこと

 

ちなみに汗をかかせることを

全否定している訳ではありません。

さっきの理性脳で望んでいる人に

無理に「低温で…」とは言いません。

それがストレスになりますから。

 

私が施術するときは

例えば湿布を嗅いでもらい

「いい匂いだ~」という方には

汗をかかせるくらい高温にしたりします。

自宅でお持ちの方には

朝起きたら高温で

汗をガンガンかいて入ってね!

と言います。

 

湿布じゃなく

レモングラスをいい香りだ~と

思う方には

「夜低温で汗をかかない様に入ってね~」

「炭酸水飲みながら~」

みたいなことを(笑)

 

その人の身体の状態を

どう評価するか?次第なのです。

 

その評価が出来ないのなら

高温にさせない方が無難です。

こんなメソッドも

講習ではお伝えしていますので

聞いて下さいね!

 

身体の調和が取れれば

(ホメオスタシスが整えば)

痩せていく

(代謝機能が整う)

 

これが

「調和的遠赤マットの入り方」

 

 

 

最後に④のカーボン線について

過去色んな遠赤マットに入りました。

行きついたのが

「カーボン線」

 

 

これが一番気持ちいい。

温度を上げるとしっかり温まり汗もかく。

断線もしない。

 

「ホルミシス」を謳った商品は

世の中多いですが、

あくまでも「売る為」のワード…

 

シュアラインαのこの使用法が

本当の「ホルミシス効果」

に繋げられると自負しています。

 

ご自身の、周りの大切な方の

健康、美容を本当に求めるのなら。

 

何を大切にするか?です。

 

ハイブリッドと同じくシュアラインαも

重要なことは

 

「ハード」+「ソフト」

 

の考え方。

 

 

いまだに

「高周波が50万Hz出るからスゴイ!」

とか

「ウチのマットは75℃まで上げられる!」

とか間違った考え方が蔓延る業界…

 

 

私は今後も

「身内にも心から勧められる」

治療院、エステサロンを

この「ソフト」を提供しながら

増やしていきます。

 

 

 

「ソフト」→その方の状態に合わせた使い方

ソフトが間違っていると逆効果になることも…

「評価」「診断」

もソフトの一つです。

 

 

 

「プロフェッショナル 仕事の流儀」

5月以来の投稿となります。

 

「どうして最近ブログを

投稿してくれないのですか?」

 

とか

 

「侍が刀を置いたのですか?」

 

とか…

 

講習でお会いする方々や

直接連絡を下さった方には

お答えしておりましたが

理由は2つあって

すごく良いことと

すごく悪いこと(ショックなこと)

5月中旬にありまして…

 

 

 

すごく良いことだけ簡単にお伝えすると…

 

「日本一の治療家に出会って

ブログに書きたいのだけど

書きたくない(色んな意味で)

 

 

「そのこと以外に

書きたいことが

無くなってしまった」

 

 

そんな理由でした。

 

縁があって講習でお会いする方

だけにお伝えしよう…と。

 

 

 

ただ今回、あるTV番組を見て

色んな「思い」が

湧いてきたので

「ショックなこと」は

忘れて書かせて頂きます。

 

 

見られた方もいらっしゃるかと思います。

 

「プロフェッショナル 仕事の流儀」

 

 

こちらの天野先生のことは

実はこちらの病院に通院されている

ハイブリッドをご自宅で使って頂いている

あるお客様から聞きました。

この方のハイブリッド根本改善貼り

を直接お伝えしておりますが、

そのやりとりの中で出てきた話なのです。

 

 

 

以前から「井内さんに会わせたい!」

と言って下さっていたこと

 

 

この方の言葉の中に

私が講習でたまに話す

「慢性疲労症候群」

のキーワードがあったこと

 

 

この方の紹介で

その病院にお勤めの看護師さんと

お会いする予定でもあったこと

 

 

 

こういった理由で

今朝録画してあったこの番組を見ました。

 

朝から番組内の

全ての情報に

フラグが立ちました。

想像以上でした。

 

 

この天野先生は素晴らしい先生。

 

と同時にいつものように

 

「もっと私たちに

出来ることが

あるのでは…」

 

という思いに駆られました。

 

思いっきり。

 

 

なので今回から何回かに分けて

投稿していきたいと思っています。

 

 

 

交通事故のブログも帰納演繹法のブログも

「何回かに分けて…」

と言っておきながら

未投稿で本当に申し訳ありません…

こちらは講習で要望頂ければ

フルにお伝えしております。

 

 

今後、この番組で飛び込んできたワードを

中心に書かせて頂こうと思っておりますし

私の日々の講習に完全にリンクしていますので

今までの講習パワポを

アップデートしようと思っております。

 

これからは男性版女性版と

分けることになりそうです。

 

 

 

 

また以前からお伝えしている

 

「遠赤マットの入り方」

 

についても今回の番組中に登場する

 

「和温療法」

 

の考え方と私の考え方は同じですので

 

今後も当社遠赤マット「シュアラインα」を

この考え方でお使いになって頂ければ…

と思います。一層確信を得られました。

 

この内容も日々の講習では

どんどんお伝えしていきます。

 

高齢者の運転問題対策①

佐賀にいます。

以前から講習では話していますが

昨晩、佐賀の柔整師の方と

話していて

「やはりこの話はどんどん

発信していかないといけない」

と感じたので投稿します。

 

「運転問題」です。

NMESハイブリッド波の

「高齢者神経促通貼り」

は数年前からも投稿しておりました。

いくつかありますが二年前のこれなども。

ひざの痛い方に(変形性膝関節症その2、神経、受容器へのアプローチも。PNF)⑦⑬㉘

この内容は「膝関節症」

の予防、対策になっていますが

神経促通(PNF)を

ハイブリッドを使ってやっていくやり方。

運転される方…

流して頂きたいのです…

講習の話だとこういう内容。

 

単なるEMSじゃないのでこんな位置に流せますと。

 

さて本題です。

また誤解されないように

何回かに分けて投稿します。

いつも一回のブログ長いし 🙁

一か月前のこの事故から

「思い」は加速しました。

私だけではなく

「対岸の火事」

とは思えない方は

多いのではないでしょうか?

講習ではこういう形で

お伝えしています。

飽和状態の整骨院業界

「商売」のために色々やられている…

 

 

私の地元の徳島は

車無しでは生活できません。

昭和21年生まれの父親

も運転するので

(幸いマニュアル車なので少しは安心)

帰省するたびに拙い技術では

ありますが私がPNFの施術をしています。

「ハイブリッドここ貼って流しといて」

とも伝えます。

こんなことを父親にやってくれる

整骨院が家の近くに欲しい。

先日の山口も今いる佐賀も

似た環境…

もっとやらないといけない

ことがあるはず。

目先の売り上げももちろん

大切なのはわかっていますが…

講習では伝えていますが

ここで大切なのは

「外側から」の施術

だけに走ったら中途半端

ということです。

これだけだとまだまだ事故は減らない。

 

「思い」を共有している

一部の柔整師さんは

ものすごく共感してくださっている

内容ですが、このブログに書いて

「伝わるかな?」と思っていました。

 

でも少しでも多くの治療家の方、

そしてエステテシャンなど

全セラピストの方にも

発信しないといけないのでは?

と感じたのでこれから

何回かに分けて

投稿していこうと思っています。

 

 

講習前事前質問用紙について

昨日天気が良かったので

「鎌倉に行こう!」

となり大仏を見て、

由比ヶ浜で大量のセロトニンを頂いた

お蔭で21時過ぎに就寝(笑)

 

 

爆睡後、朝から

色んなアイデアが浮かび…

 

投稿いたします。

 

 

私の講習を受けた方はご存知か

と思いますが、講習前に

 

「講習前事前質問用紙」

 

というのを送らせて頂いております。

皆様の貴重な時間を頂くので

少しでも効率良く理解して頂くために

という目的の事前の質問。

 

そこから講習を

「どんな内容にすればいいのか?」

「どの語彙を使えば良いのか?」

「今お持ちのマシンや施術を

この講習をきっかけに

どう活かしていけばいいのか?」

などをイメージして

講習内容をアレンジしています。

例えばこんな内容。

 

 

こういう内容をLINEなどでお送りして

書き込みして回答して頂いています。

二回目以降の講習では

もっと実践的な質問も加えます。

例えばエステサロンの場合だと

 

 

「このような方を痩せさせるのは

どんな施術、どんな会話を

心がけますか?

新規で来られた

35歳の女性。

職業看護師。未婚。

『キャビで

お腹痩せしたい』

と言って来店。

 

カウンセリングしたら

運動不足、

普段車移動、

三交代で不規則な生活。

食事は外食がほとんど。

以前通ったエステで

ファスティング

を勧められ痩せたが

現在リバウンド中。

性格はめんどくさがり屋で

依存症に見える。」

 

 

 

このブログを読まれていらっしゃる方、

「私ならこうする」という回答を

お待ちしております。

せっかく読んで頂いているなら

実践的なやり取りをしていきたい。

これが今朝「ふっ」と目が覚めて

朝からお伝えしたかった内容です(笑)

 

 

私のLINEやアドレスを

ご存知の方はそちらに。

ご存じない方はこのサイトのココ。

 

 

もしくはリンク先の

Facebookハイブリッドサイトのココ

からでも構いません。

 

私の「思い」のぶっこみばかりの

ブログですが、思いのほか

たくさんの反響を頂いておりまして

 

「今働いているお店のオーナーに

聞かせたい。気づいてほしい。」

 

とか

「メーカーに言われて悶々としていた

疑問が晴れてスッキリしました。」

 

とか

「こういうことを教えてくれる人を

探していました!すがすがしいです!」

 

 

みたいなことを言って頂けると

その方々のために次のステップ、

じゃあお客様にどう実践していくか?

までどんどんこのブログでも

お伝えしていかないと…

 

と思っての今回の投稿でもあります。

 

 

 

 

もちろん「井内ならこうする」

といういくつかの答えはあります。

「いくつか」といって

一つでは無いのは、

この情報以外の情報、

例えば「今は未婚だが近々結婚予定」

ということが会話で分かったら

こういう方針の施術、カウンセリングに

切り替える…みたいな。

 

なのでこの回答には

様々な正解が出てきます。

 

でもこのブログを精読して頂いていると

普通のエステテシャンには出てこない

考えが生まれてくる。

それが他店との差別化に繋がる。

他のお店には行きたくなくなる。

「病院行くよりもこの店に行く」

くらいのお店、セラピストになる。

 

たまに講習で

 

「医師国家試験の問題を

見たことはありますか?」

 

という話をします。

無いですよね普通は。こんな問題。

 

状況に寄って様々な答えがある。

 

先ほどの質問はこういうことを

意識して作成しています。

私たちは医師ではありませんが

お客様のお身体に触れるなら

最低限意識しないといけない考え方

なのではないでしょうか?

安易に簡単に考えすぎな業界。

もっと言えばお客様を

バカにしてる業界。

 

 

 

 

 

「点」としての情報は知っていても

それらが全部

「線」で繋がっていく。

繋げて応用した施術が

どんなに素晴らしい施術になるのか。

 

 

繋げればいいだけの話なんです。

 

「あ~それ知ってる」

で終わらせるのではなく。

 

 

 

こういうことを発信し続けていますが、

明日からのBWJに行っても

誰も教えてくれない内容。

 

 

自負している訳ではなく、

本当はそういう会場にいる多くの方が

こういうことをもっと伝えていくべき。

私の講習をどんどんパクってでも

いいのでやってほしい。

「何言ってんのやってるわよ!」

という方もいらっしゃるでしょう。

だとしたら私に連絡してきてほしい。

足りない部分を協力したい。

多分「」で繋がっていないから。

 

もっと良いものを

一緒に作っていきたいから。

本当にやっていたら

世の中もっと良くなっているはずだし。

なっていないということは

やっていないのと一緒。

まだまだ頑張らないといけない。

 

そうならないと

世の中良くなっていかない。

合法的詐欺師が増えるだけ。

 

 

 

先ほどの質問の回答、

どんどん送って頂きたいです。

長くなったので、治療家の方向けの質問

はまた近々投稿しますが、

先ほどの回答は柔整師、鍼灸師の方も

お答えして頂けたらと思います。

治療院の中にエステサロンをお持ちの

オーナーさんや

自費美容メニューを展開している方も

多くいらっしゃると思いますので。

 

 

 

私は今役割としてこういったことを

講習やブログで発信していますが

現場の「施術者」でいたい人間です。

 

「評論家」に成り下がるつもりは

毛頭ないので、皆様と一緒に

 

「どんな施術をすればお客様が本当に

幸せになって頂けるのか?」

 

を考えていきたいと思っております。

 

 

 

帰納演繹的に考えること~化粧品編~

先ほど、まだお会いしたことが無い

柔整師さんから、このブログを読んで

 

「いつも真実を伝えて

くれてありがとう」

 

と連絡を頂きました。

更に元気になり

本日2投稿目(笑)

 

治療業界でも

真実を伝えている人が

少ないということ

 

そもそも知らない、メーカーが話した

内容を信じている方も多いということ

 

「色んな商材を見た時、聞いた時に

なぜ?効果があるの?)』

と思うようにしようと

井内さんの講習後から

意識しています!」

 

という声も多く頂きます。

 

 

こういう方が増えると

その先のお客様、患者様が幸せになり

世の中良くなりますよね。

 

その反面、

真実を伝えられると困る方も多い

ということも実感…

でも抗がん剤どうこうの話

じゃないんだからさ…

 

 

今回は「化粧品」の「帰納演繹

 

これはちゃんと読んで頂かないと

いけない内容です。

痩身機器に比べても

業者の数が多い分、市場も大きい分

誤解を受けて揉めたりするのが

めんどくさいので。

行間も読んで頂きたい(笑)

 

 

 

とはいえ前回の痩身機器よりも

化粧品の方がわかりやすいです。

 

まずは帰納法

 

「この化粧品すごく肌が変わる」

「浸透力バツグン!」

「成分が特殊!」

「これすごくいいと思う」

(信用しているエステテシャンから聞いた場合のみ)

 

そんな声を聞いて興味を持つ。

→「分子量500以下の成分しか

角質層より下には入っていかない」

という原理原則→成分の分子量を調べる

(脂溶性かどうか?なども)

→成分が角質層より奥に入ったことに

よる影響からの効果効能か?

がわかる

→(入っているなら)使ってみる

 

 

 

500以下の成分

 

 

この場合、から帰納的に考える前に

先に②の原理原則に持っていきます。

 

分子量500以上の成分は

入っていかない

 

そうやって演繹的に考えられない

ものだったら

 

そこで却下。簡単に終了

 

 

角質層(死んだ細胞)を潤わせる

化粧品原料なんだとしたら

世の中たくさんあるので。

 

 

いわゆるただの

 

「保湿成分」

 

そもそも「浸透した」からといって

生理的にどのような好影響を及ぼす

のか?ということも

なものは多いですが。

 

 

 

「だから何?」 的な。

 

 

美顔器編で話す

イオン導入やポレーションについても

ここは被ります。

導入されて

「だから何?」です。

 

所詮、成分にどこまでこだわろうが

 

「外側から」

 

だけなんです。

 

※次元が違う方(宇宙人みたいな方)が手を加える

特殊なもの(微弱荷電とか)もありますが、

今回は一般の私たちが住む三次元の世界での話

だということで話を進めます。

 

 

 

※「内側から」の話はこの辺りのブログも参考に

 

先ほどの講習での質問~電磁波って~

 

「20個のカウンセリング」の意味

 

 

話は戻りますが、

美容業界ではの時点で

「結果が出る」

と広がっている、広げている

要素がとても多いです。

 

でも真皮層にはほぼ入っていない

ということ。

 

そして入ったから何?ということ。

 

 

幹細胞培養液だって

ちゃんと冷凍保存されてるの?

解凍して3日以内に使用してるの?

という話。

化粧品原料である時点で

幹細胞培養液の効果なんて

謳えないんじゃないの?

仮に本物が手に入り

解凍して使うとしても

私たちは注射を打てないから

体内には入れられない。

その効果を出せない。

舌下から入れてとも言えないしね。

なので残念ながら却下。

相変わらず流行っていますが。

 

効果効能がある幹細胞培養液になると

これは医師の領域。

 

だからといって

化粧品が

完全な「悪」

では無いのです。

 

考え方によっては

むしろ「善」

 

どういうことなのか?

講習用のパワポで説明します。

中に浸透するどうこう

という話では無いです。

 

 

プラセボの話のところから

繋がっていきます。

 

 

これは化粧品ではなく

「サプリ」の例ですが。

 

化粧品にもそのまま当てはまります。

 

 

はい。そんな経験お持ちですよね?

最初の効果が

プラセボということ。

 

成分に寄る効果だけじゃない

ということ。

 

 

でもどうして効果が出てしまうのか?

 

「思い込み」の力は

身体のどこに

どう作用するのか?

 

 

これは講習で質問しても

ほとんどの方が答えられない部分。

 

 

「脳ですか?」

 

までは答える方はいますが。

 

 

 

 

 

ホルモン(内分泌)自律神経からの

免疫 

への作用。

 

 

サッカーボールが載っていますが

講習では「サッカーのパス回し」で

表現しています。

ホメオスタシスのところです。

 

 

 

その上で

どうプラセボを活用するか?

の話

 

 

 

敢えて、エステ専売化粧品を選ばずに

一般市場での化粧品を例に

挙げています。

 

 

「効きそう」と思ってその化粧品を

買った時に既に

ホルモンバランスは整ってきている

という話。

 

これはとても

良いこと

だと思うのです。

 

 

容器代や宣伝費にお金を掛けている

ことも私は当然肯定的。

好きな女優さんが

CMで宣伝している…

素晴らしいことじゃないですか!

買った人が

幸せになるから。

 

それに対し、エステ専売化粧品は

「成分にお金を掛けている」と謳う。

(場合が多い)

一般化粧品との差別化を図ろうと。

そういうありがちなセールストーク。

 

 

成分で出来ることなど限界があるにも

関わらず何倍増しかの

オーバートーク

販売しようとする。

何倍か増しの値段

だったりもするから。

 

するとどうなるか?

過度な期待を掛けて、

例えば

「スゴク美白になる」とか

「リフトアップする」みたいな。

 

当然ここでも「プラセボ」は働くので

最初はそれなりの効果が出ちゃう。

 

 

でもプラセボが働かなった人は

どうなる?

 

最初は働いても

「あれ最初ほど感動しない?

どうして?」

とか思ってしまったらどうなる?

 

ネガティブに捉えて

「高い化粧品のセットを揃えたのに…」

と思ったらどうなる?

プラセボの逆、

ノセボ効果が出ちゃいませんか?

 

免疫が乱れ、

吹き出物が出ちゃったりする。

それを担当に話したら

「エステテシャンがよく使う

ワードランキング上位」の

 

「好転反応」

 

というワードを返される…

 

 

もちろん高機能成分の

両刃の件の部分で

お肌に負担を掛けて…

というのもありますが。

 

「免疫」についてもっと理解しないと

気軽に好転反応というワード

も話すべきじゃない。

 

 

 

 

どうしてこういう講習をしているか?

というと2000人以上の

エステテシャンの方々に

講習をしていて

「プラセボ」の名前すら知らない方が

95%以上だからなんです。

好転反応のワードは頻繁に使うのに。

 

世の中には

様々な美容セミナーや協会、

美顔器や痩身機、化粧品

を販売している

会社がごまんとあるのに

そういうことをどこも伝えていない、

教えていない、そもそも知らない…

その証拠…

 

どうして?

と思うのです。

 

 

良い意味でも悪い意味でも

美容業界プラセボだらけ

なのに。

 

 

これは治療業界でも言えること。

 

学校で教えるべき内容。

製薬業界や医療機関の論文だけが

こんなグラフを出していますが。

 

 

 

薬の部分を「化粧品」に変えたら

いかがでしょう?

 

 

これ販売時に

「エビデンス」を語るなら

もっと伝えるべき内容

じゃないでしょうか?

 

 

「良いこと」

しか言っていないようなもの。

 

こういう事実がわかると

いろんな商材、

今回の話で言えば

「化粧品」

の見え方も変わってきませんか?

選び方も変わってきませんか?

 

 

そう考えると成分云々よりも

 

「もっと大切なこと」

 

があると私は思っています。

 

いつもの

「外側」+「内側」の話です。

改めてまたその話は投稿致します。

見返して頂ければこのブログに

たくさん載っています。

 

「化粧品を新しく買うなら

もっと日光浴びろ!」的な。

 

 

プラセボを理解した上での

化粧品の帰納演繹的考え、

伝わりましたでしょうか?

 

 

 

 

次回は

美顔器か治療機器の話をします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰納演繹的に考えること~痩身機器編~

前回の話の続き

 

 

まずは痩身機器の「帰納演繹

 

 

 

 

 

「このマシン結果スゴク出る」

「カンタンに痩せた!」

 

というサロンさんからの声を聞く

 

→マシンのスペックを調べる

 

→体感してみたいと思ったら

自ら体感する(する前にわかってしまう場合多し)

 

 

 

 

この後、

 

「そのマシンが生体に

どう影響を与えるのか」

 

を生理学や物療の原理原則

当てはめる。

 

 

→どの原理原則でその「結果」

が出ているのか?がわかる

 

 

→①の声と比較対照してみる。

 

→「適切な結果」か

「オーバートーク」かがわかる。

 

 

 

 

こんな行動を取っています。

 

 

 

騙されたくもないし、

騙したくもないので。

 

 

 

 

 

この①~③までを帰納的考え方

 

 

ですり合わせて

 

 

⑤~⑦を演繹的考え方

 

 

ここで痩身機器でありがちなのが

⑤~⑦むくみが取れたこと

痩せたと思っている方。

リンパに大量の脂肪が流れ込んでる

と思っている方。

パンプアップしているだけなのに

「ラインを作った」

「バストアップさせた」

と思っている方々…

 

 

 

いつも言う様に

様々な施術は悪いことではない。

循環は良くなっているし

これは身体にとっては良いこと。

 

でも

「オーバートーク」が入る。

 

 

売り上げのため

楽に説明したいから

メーカーがそう言っていたから…

エビデンスがあるから…

 

 

 

 

お客様は信じる。

でも2~3日も経てば

その施術で根本改善されていないと、

例えば「むくみやすい」原因が

解消されていないと、またむくんで

ほぼ元の身体に戻る…

 

それを見たお客様はどう思うか?

 

 

 

 

こういう話をしても

 

「私のマシンや施術を

全否定されている」

 

「井内むかつく」

 

 

と思うエステテシャン、

メーカー、ディーラーの方が

少なからずいらっしゃるので

もう少し具体的な話をします。

(決して全否定ではないのですけどね…)

 

一回のビフォーアフターについては

このブログに書いてますが今回は数回、

数か月通って痩せた方の話として。

 

一回の施術のビフォーアフターって

 

 

 

「このキャビやラジオ波を使っても

痩せないというんですか?」

 

 

「私のお客さんはちゃんと

痩せていってるんですけど!(怒)」

 

 

手技も同じ…

 

 

「私の筋膜リリースの技術は

すごいんです!即効痩せますよ!」

 

 

という方に。

 

 

 

 

講習だとその方と

会話のキャッチボールをします。

 

 

「痩せた方の詳細を一人一人

聞いていっていいですか?」

 

「何歳の方?施術を受ける前は

どんな不定愁訴をお持ちだったか?

性格はネガティブ?ポジティブ?

睡眠の量と質は?」

 

「どれくらいのペースで今まで何回

くらい施術を受けてきましたか?」

 

などなど。

 

 

こういう内容を聞くと

私はお会いしていない方ですが

どんなお客様か大体イメージが

付きます。

 

 

 

例えば、その方が

キャビを当てたことで

 

→振動で循環機能が高まり

(講習の内容で言うとクロネコヤマト、外側からの話)

→硬い部分が柔らかくなって

→日常生活での

身体の動きや姿勢が変わり

→代謝機能が整い

→痩せていったのかな

 

 

とそんな過程がイメージできます。

 

 

ラジオ波だと、当てたことで

→電磁波で温まり筋がほぐれ

→循環機能も整い

→姿勢改善にも繋がりますが

→流す部位に寄っては

「温かくて気持ちいい~」

と感じることで

→自律神経ホルモンバランスを整わせ

(講習の内側からの話)

→そこからの代謝機能正常化に繋がり

→痩せていったのかなという過程。

 

 

筋膜リリースなどの手技だと

→筋膜、骨格調整

→日常生活での循環改善、姿勢改善

→更にマシンよりも手技の方が

オキシトシンセロトニンなどの

分泌向上に繋げられることの効果

→自律神経ホルモンバランスを整わせ

(講習の内側からの話)

→そこからの代謝機能正常化に繋がり

→痩せていったのかなという過程。

 

 

 

 

そこにプラスして、

その方の性格なども影響。

会話や関係性からの力。

 

プラセボの話(ここ重要)

 

プラセボ効果について

 

 

 

 

ここにはキャビのオーバートーク話

「脂肪細胞の乳化」や

ラジオ波のオーバートーク話

「脂肪細胞が溶ける」

などのワードは一切登場しません。

 

 

登場させる方は

 

「結果が出た(痩せた)理由、過程」

 

を間違えている。

 

 

 

 

 

 

当社直営店を誇りに思うのは

スタッフが経験則の中で

こんなことを言っているから。

 

 

「遠赤マットは熱くすればいいってもの

じゃないんです。6段階あるけど○○さん

は1~2段階のレベルで入ってね~

その方が痩せるから!」

 

 

 

「ハイブリッドのパッドはお腹が

痩せたいからお腹に貼るという

だけではなく、背中のここに貼ってね~

その方が痩せるんだよ~

私もこれで痩せたの~」

 

 

 

私が現場にいたのはもう5年近く前

なので今は少しは変わっているかも

しれませんが当社直営店スタッフは

全員ハイブリッドとシュアラインを

自分で買って持ってる。

お家で使ってるので

自分のリアルな経験談から

世の中のいろんなEMSとは全く違う

貼り方流し方、

エステサロンで良くありがちな

「発汗重視」の遠赤マットの使い方

ではなく

「自律神経ホルモンバランス調整」

としての使い方を経験の中で

わかっている。

それをリアルに伝えている。

自分がそれで痩せたから。

とても素晴らしいこと。

 

 

どうしても役務(通いのエステ)だと

週1~2くらいが時間的にも経済的にも

限界な方が多い。

 

対して当社直営店は「物販」

週4でお家でハイブリッドシュアライン

をやればそれはそれは

こんなビフォーアフターも出てきます。

 

リアルビフォーアフターです。

20代の方が多いから

体質改善するのが早い

というのも加味してみて下さい。

40代だとこういう風にはいかない。

そういう話をすることも超大切。

 

 

https://www.partir-cb.com/before-after/index.php

 

 

お家にあるので戻っても

またやればいい。

お金がかからない。

若いからまたすぐに

ハイブリッドシュアラインがきっかけで

「代謝機能」が正常になって

日常生活で痩せる。

 

それが週1~2での通いエステだと

そして30代40代以上になってくると

どうしても無理が出てくるのは当然。

尚更「根本改善」を追及しないと

戻って当たり前。

 

お客様はお金をどぶに捨てるようなもの

になってしまいます。

 

直営店で私が講習することは

ほぼ無いですが(ある意味必要ない)

 

通いのエステがメインでやっている方、

自費で美容治療メニューをやっている

整骨院様には

この話の理解は絶対必要かと思います。

 

世の中あまりに頭とお尻を

引っ付け過ぎ。

そんな簡単に体質改善しないって!

 

昨日のブログにも書きましたが

ベテランの治療家の方でも

すぐ頭とお尻を引っ付けようとしていて

ビックリしました。

そしてショックでした。

 

この方は柔整プラス鍼灸師なのに…

 

 

 

※私が柔整鍼灸師を尊敬している理由はこちら

 

先日の博多での講習内容 ~続き③~

 

 

 

でも一晩考えて思いました。

対処的に今状態を変えたい患者様と

長年向き合ってきていると

それが当たり前になっているのだと。

また痛くなったら来ればいい

 

 

そしてその時はここをこうすれば

痛みは取れるから!という

 

「数学の公式」

 

 

公式を暗記しちゃえば

その過程に興味が無くなる方は多い

そういう考え。

 

また痛くなったら来ればいい…

売り上げになるしね…

これが私の考えが違うというだけの話。

 

人それぞれ。

自分が患者だったら「再発しない方法」

を聞きたいと思うけど。

そしてそれは公式の過程を知らないと

応用は効かないから答えられない。

 

 

エステも同じ。

「太らない身体にする

ハイブリッドの使い方」

を聞きたいと思うのか、

「今サイズダウン出来ればいい」

と思うのか。

両方わかっていて

お客様患者様のニーズに合わせるのが

ベストだと思うのですがね…

 

全国回ってエステも治療院も

そんな現状なので

逆にそこを追及すれば少しの努力で

他店他院との差別化は出来るはずです。

お客様患者様はどちらが幸せなのか?

ということ。

 

 

 

次回は「化粧品」

の帰納演繹ぶっこみします。