全国のエステサロン様、整骨院、整体院様のための株式会社パルティール卸事業サイトです

パルティールpartir
0120-248-695

パルティールpartir

「プロフェッショナル 仕事の流儀」

5月以来の投稿となります。

 

「どうして最近ブログを

投稿してくれないのですか?」

 

とか

 

「侍が刀を置いたのですか?」

 

とか…

 

講習でお会いする方々や

直接連絡を下さった方には

お答えしておりましたが

理由は2つあって

すごく良いことと

すごく悪いこと(ショックなこと)

5月中旬にありまして…

 

 

 

すごく良いことだけ簡単にお伝えすると…

 

「日本一の治療家に出会って

ブログに書きたいのだけど

書きたくない(色んな意味で)

 

 

「そのこと以外に

書きたいことが

無くなってしまった」

 

 

そんな理由でした。

 

縁があって講習でお会いする方

だけにお伝えしよう…と。

 

 

 

ただ今回、あるTV番組を見て

色んな「思い」が

湧いてきたので

「ショックなこと」は

忘れて書かせて頂きます。

 

 

見られた方もいらっしゃるかと思います。

 

「プロフェッショナル 仕事の流儀」

 

 

こちらの天野先生のことは

実はこちらの病院に通院されている

ハイブリッドをご自宅で使って頂いている

あるお客様から聞きました。

この方のハイブリッド根本改善貼り

を直接お伝えしておりますが、

そのやりとりの中で出てきた話なのです。

 

 

 

以前から「井内さんに会わせたい!」

と言って下さっていたこと

 

 

この方の言葉の中に

私が講習でたまに話す

「慢性疲労症候群」

のキーワードがあったこと

 

 

この方の紹介で

その病院にお勤めの看護師さんと

お会いする予定でもあったこと

 

 

 

こういった理由で

今朝録画してあったこの番組を見ました。

 

朝から番組内の

全ての情報に

フラグが立ちました。

想像以上でした。

 

 

この天野先生は素晴らしい先生。

 

と同時にいつものように

 

「もっと私たちに

出来ることが

あるのでは…」

 

という思いに駆られました。

 

思いっきり。

 

 

なので今回から何回かに分けて

投稿していきたいと思っています。

 

 

 

交通事故のブログも帰納演繹法のブログも

「何回かに分けて…」

と言っておきながら

未投稿で本当に申し訳ありません…

こちらは講習で要望頂ければ

フルにお伝えしております。

 

 

今後、この番組で飛び込んできたワードを

中心に書かせて頂こうと思っておりますし

私の日々の講習に完全にリンクしていますので

今までの講習パワポを

アップデートしようと思っております。

 

これからは男性版女性版と

分けることになりそうです。

 

 

 

 

また以前からお伝えしている

 

「遠赤マットの入り方」

 

についても今回の番組中に登場する

 

「和温療法」

 

の考え方と私の考え方は同じですので

 

今後も当社遠赤マット「シュアラインα」を

この考え方でお使いになって頂ければ…

と思います。一層確信を得られました。

 

この内容も日々の講習では

どんどんお伝えしていきます。

 

高齢者の運転問題対策①

佐賀にいます。

以前から講習では話していますが

昨晩、佐賀の柔整師の方と

話していて

「やはりこの話はどんどん

発信していかないといけない」

と感じたので投稿します。

 

「運転問題」です。

NMESハイブリッド波の

「高齢者神経促通貼り」

は数年前からも投稿しておりました。

いくつかありますが二年前のこれなども。

ひざの痛い方に(変形性膝関節症その2、神経、受容器へのアプローチも。PNF)⑦⑬㉘

この内容は「膝関節症」

の予防、対策になっていますが

神経促通(PNF)を

ハイブリッドを使ってやっていくやり方。

運転される方…

流して頂きたいのです…

講習の話だとこういう内容。

 

単なるEMSじゃないのでこんな位置に流せますと。

 

さて本題です。

また誤解されないように

何回かに分けて投稿します。

いつも一回のブログ長いし 🙁

一か月前のこの事故から

「思い」は加速しました。

私だけではなく

「対岸の火事」

とは思えない方は

多いのではないでしょうか?

講習ではこういう形で

お伝えしています。

飽和状態の整骨院業界

「商売」のために色々やられている…

 

 

私の地元の徳島は

車無しでは生活できません。

昭和21年生まれの父親

も運転するので

(幸いマニュアル車なので少しは安心)

帰省するたびに拙い技術では

ありますが私がPNFの施術をしています。

「ハイブリッドここ貼って流しといて」

とも伝えます。

こんなことを父親にやってくれる

整骨院が家の近くに欲しい。

先日の山口も今いる佐賀も

似た環境…

もっとやらないといけない

ことがあるはず。

目先の売り上げももちろん

大切なのはわかっていますが…

講習では伝えていますが

ここで大切なのは

「外側から」の施術

だけに走ったら中途半端

ということです。

これだけだとまだまだ事故は減らない。

 

「思い」を共有している

一部の柔整師さんは

ものすごく共感してくださっている

内容ですが、このブログに書いて

「伝わるかな?」と思っていました。

 

でも少しでも多くの治療家の方、

そしてエステテシャンなど

全セラピストの方にも

発信しないといけないのでは?

と感じたのでこれから

何回かに分けて

投稿していこうと思っています。

 

 

講習前事前質問用紙について

昨日天気が良かったので

「鎌倉に行こう!」

となり大仏を見て、

由比ヶ浜で大量のセロトニンを頂いた

お蔭で21時過ぎに就寝(笑)

 

 

爆睡後、朝から

色んなアイデアが浮かび…

 

投稿いたします。

 

 

私の講習を受けた方はご存知か

と思いますが、講習前に

 

「講習前事前質問用紙」

 

というのを送らせて頂いております。

皆様の貴重な時間を頂くので

少しでも効率良く理解して頂くために

という目的の事前の質問。

 

そこから講習を

「どんな内容にすればいいのか?」

「どの語彙を使えば良いのか?」

「今お持ちのマシンや施術を

この講習をきっかけに

どう活かしていけばいいのか?」

などをイメージして

講習内容をアレンジしています。

例えばこんな内容。

 

 

こういう内容をLINEなどでお送りして

書き込みして回答して頂いています。

二回目以降の講習では

もっと実践的な質問も加えます。

例えばエステサロンの場合だと

 

 

「このような方を痩せさせるのは

どんな施術、どんな会話を

心がけますか?

新規で来られた

35歳の女性。

職業看護師。未婚。

『キャビで

お腹痩せしたい』

と言って来店。

 

カウンセリングしたら

運動不足、

普段車移動、

三交代で不規則な生活。

食事は外食がほとんど。

以前通ったエステで

ファスティング

を勧められ痩せたが

現在リバウンド中。

性格はめんどくさがり屋で

依存症に見える。」

 

 

 

このブログを読まれていらっしゃる方、

「私ならこうする」という回答を

お待ちしております。

せっかく読んで頂いているなら

実践的なやり取りをしていきたい。

これが今朝「ふっ」と目が覚めて

朝からお伝えしたかった内容です(笑)

 

 

私のLINEやアドレスを

ご存知の方はそちらに。

ご存じない方はこのサイトのココ。

 

 

もしくはリンク先の

Facebookハイブリッドサイトのココ

からでも構いません。

 

私の「思い」のぶっこみばかりの

ブログですが、思いのほか

たくさんの反響を頂いておりまして

 

「今働いているお店のオーナーに

聞かせたい。気づいてほしい。」

 

とか

「メーカーに言われて悶々としていた

疑問が晴れてスッキリしました。」

 

とか

「こういうことを教えてくれる人を

探していました!すがすがしいです!」

 

 

みたいなことを言って頂けると

その方々のために次のステップ、

じゃあお客様にどう実践していくか?

までどんどんこのブログでも

お伝えしていかないと…

 

と思っての今回の投稿でもあります。

 

 

 

 

もちろん「井内ならこうする」

といういくつかの答えはあります。

「いくつか」といって

一つでは無いのは、

この情報以外の情報、

例えば「今は未婚だが近々結婚予定」

ということが会話で分かったら

こういう方針の施術、カウンセリングに

切り替える…みたいな。

 

なのでこの回答には

様々な正解が出てきます。

 

でもこのブログを精読して頂いていると

普通のエステテシャンには出てこない

考えが生まれてくる。

それが他店との差別化に繋がる。

他のお店には行きたくなくなる。

「病院行くよりもこの店に行く」

くらいのお店、セラピストになる。

 

たまに講習で

 

「医師国家試験の問題を

見たことはありますか?」

 

という話をします。

無いですよね普通は。こんな問題。

 

状況に寄って様々な答えがある。

 

先ほどの質問はこういうことを

意識して作成しています。

私たちは医師ではありませんが

お客様のお身体に触れるなら

最低限意識しないといけない考え方

なのではないでしょうか?

安易に簡単に考えすぎな業界。

もっと言えばお客様を

バカにしてる業界。

 

 

 

 

 

「点」としての情報は知っていても

それらが全部

「線」で繋がっていく。

繋げて応用した施術が

どんなに素晴らしい施術になるのか。

 

 

繋げればいいだけの話なんです。

 

「あ~それ知ってる」

で終わらせるのではなく。

 

 

 

こういうことを発信し続けていますが、

明日からのBWJに行っても

誰も教えてくれない内容。

 

 

自負している訳ではなく、

本当はそういう会場にいる多くの方が

こういうことをもっと伝えていくべき。

私の講習をどんどんパクってでも

いいのでやってほしい。

「何言ってんのやってるわよ!」

という方もいらっしゃるでしょう。

だとしたら私に連絡してきてほしい。

足りない部分を協力したい。

多分「」で繋がっていないから。

 

もっと良いものを

一緒に作っていきたいから。

本当にやっていたら

世の中もっと良くなっているはずだし。

なっていないということは

やっていないのと一緒。

まだまだ頑張らないといけない。

 

そうならないと

世の中良くなっていかない。

合法的詐欺師が増えるだけ。

 

 

 

先ほどの質問の回答、

どんどん送って頂きたいです。

長くなったので、治療家の方向けの質問

はまた近々投稿しますが、

先ほどの回答は柔整師、鍼灸師の方も

お答えして頂けたらと思います。

治療院の中にエステサロンをお持ちの

オーナーさんや

自費美容メニューを展開している方も

多くいらっしゃると思いますので。

 

 

 

私は今役割としてこういったことを

講習やブログで発信していますが

現場の「施術者」でいたい人間です。

 

「評論家」に成り下がるつもりは

毛頭ないので、皆様と一緒に

 

「どんな施術をすればお客様が本当に

幸せになって頂けるのか?」

 

を考えていきたいと思っております。

 

 

 

帰納演繹的に考えること~化粧品編~

先ほど、まだお会いしたことが無い

柔整師さんから、このブログを読んで

 

「いつも真実を伝えて

くれてありがとう」

 

と連絡を頂きました。

更に元気になり

本日2投稿目(笑)

 

治療業界でも

真実を伝えている人が

少ないということ

 

そもそも知らない、メーカーが話した

内容を信じている方も多いということ

 

「色んな商材を見た時、聞いた時に

なぜ?効果があるの?)』

と思うようにしようと

井内さんの講習後から

意識しています!」

 

という声も多く頂きます。

 

 

こういう方が増えると

その先のお客様、患者様が幸せになり

世の中良くなりますよね。

 

その反面、

真実を伝えられると困る方も多い

ということも実感…

でも抗がん剤どうこうの話

じゃないんだからさ…

 

 

今回は「化粧品」の「帰納演繹

 

これはちゃんと読んで頂かないと

いけない内容です。

痩身機器に比べても

業者の数が多い分、市場も大きい分

誤解を受けて揉めたりするのが

めんどくさいので。

行間も読んで頂きたい(笑)

 

 

 

とはいえ前回の痩身機器よりも

化粧品の方がわかりやすいです。

 

まずは帰納法

 

「この化粧品すごく肌が変わる」

「浸透力バツグン!」

「成分が特殊!」

「これすごくいいと思う」

(信用しているエステテシャンから聞いた場合のみ)

 

そんな声を聞いて興味を持つ。

→「分子量500以下の成分しか

角質層より下には入っていかない」

という原理原則→成分の分子量を調べる

(脂溶性かどうか?なども)

→成分が角質層より奥に入ったことに

よる影響からの効果効能か?

がわかる

→(入っているなら)使ってみる

 

 

 

500以下の成分

 

 

この場合、から帰納的に考える前に

先に②の原理原則に持っていきます。

 

分子量500以上の成分は

入っていかない

 

そうやって演繹的に考えられない

ものだったら

 

そこで却下。簡単に終了

 

 

角質層(死んだ細胞)を潤わせる

化粧品原料なんだとしたら

世の中たくさんあるので。

 

 

いわゆるただの

 

「保湿成分」

 

そもそも「浸透した」からといって

生理的にどのような好影響を及ぼす

のか?ということも

なものは多いですが。

 

 

 

「だから何?」 的な。

 

 

美顔器編で話す

イオン導入やポレーションについても

ここは被ります。

導入されて

「だから何?」です。

 

所詮、成分にどこまでこだわろうが

 

「外側から」

 

だけなんです。

 

※次元が違う方(宇宙人みたいな方)が手を加える

特殊なもの(微弱荷電とか)もありますが、

今回は一般の私たちが住む三次元の世界での話

だということで話を進めます。

 

 

 

※「内側から」の話はこの辺りのブログも参考に

 

先ほどの講習での質問~電磁波って~

 

「20個のカウンセリング」の意味

 

 

話は戻りますが、

美容業界ではの時点で

「結果が出る」

と広がっている、広げている

要素がとても多いです。

 

でも真皮層にはほぼ入っていない

ということ。

 

そして入ったから何?ということ。

 

 

幹細胞培養液だって

ちゃんと冷凍保存されてるの?

解凍して3日以内に使用してるの?

という話。

化粧品原料である時点で

幹細胞培養液の効果なんて

謳えないんじゃないの?

仮に本物が手に入り

解凍して使うとしても

私たちは注射を打てないから

体内には入れられない。

その効果を出せない。

舌下から入れてとも言えないしね。

なので残念ながら却下。

相変わらず流行っていますが。

 

効果効能がある幹細胞培養液になると

これは医師の領域。

 

だからといって

化粧品が

完全な「悪」

では無いのです。

 

考え方によっては

むしろ「善」

 

どういうことなのか?

講習用のパワポで説明します。

中に浸透するどうこう

という話では無いです。

 

 

プラセボの話のところから

繋がっていきます。

 

 

これは化粧品ではなく

「サプリ」の例ですが。

 

化粧品にもそのまま当てはまります。

 

 

はい。そんな経験お持ちですよね?

最初の効果が

プラセボということ。

 

成分に寄る効果だけじゃない

ということ。

 

 

でもどうして効果が出てしまうのか?

 

「思い込み」の力は

身体のどこに

どう作用するのか?

 

 

これは講習で質問しても

ほとんどの方が答えられない部分。

 

 

「脳ですか?」

 

までは答える方はいますが。

 

 

 

 

 

ホルモン(内分泌)自律神経からの

免疫 

への作用。

 

 

サッカーボールが載っていますが

講習では「サッカーのパス回し」で

表現しています。

ホメオスタシスのところです。

 

 

 

その上で

どうプラセボを活用するか?

の話

 

 

 

敢えて、エステ専売化粧品を選ばずに

一般市場での化粧品を例に

挙げています。

 

 

「効きそう」と思ってその化粧品を

買った時に既に

ホルモンバランスは整ってきている

という話。

 

これはとても

良いこと

だと思うのです。

 

 

容器代や宣伝費にお金を掛けている

ことも私は当然肯定的。

好きな女優さんが

CMで宣伝している…

素晴らしいことじゃないですか!

買った人が

幸せになるから。

 

それに対し、エステ専売化粧品は

「成分にお金を掛けている」と謳う。

(場合が多い)

一般化粧品との差別化を図ろうと。

そういうありがちなセールストーク。

 

 

成分で出来ることなど限界があるにも

関わらず何倍増しかの

オーバートーク

販売しようとする。

何倍か増しの値段

だったりもするから。

 

するとどうなるか?

過度な期待を掛けて、

例えば

「スゴク美白になる」とか

「リフトアップする」みたいな。

 

当然ここでも「プラセボ」は働くので

最初はそれなりの効果が出ちゃう。

 

 

でもプラセボが働かなった人は

どうなる?

 

最初は働いても

「あれ最初ほど感動しない?

どうして?」

とか思ってしまったらどうなる?

 

ネガティブに捉えて

「高い化粧品のセットを揃えたのに…」

と思ったらどうなる?

プラセボの逆、

ノセボ効果が出ちゃいませんか?

 

免疫が乱れ、

吹き出物が出ちゃったりする。

それを担当に話したら

「エステテシャンがよく使う

ワードランキング上位」の

 

「好転反応」

 

というワードを返される…

 

 

もちろん高機能成分の

両刃の件の部分で

お肌に負担を掛けて…

というのもありますが。

 

「免疫」についてもっと理解しないと

気軽に好転反応というワード

も話すべきじゃない。

 

 

 

 

どうしてこういう講習をしているか?

というと2000人以上の

エステテシャンの方々に

講習をしていて

「プラセボ」の名前すら知らない方が

95%以上だからなんです。

好転反応のワードは頻繁に使うのに。

 

世の中には

様々な美容セミナーや協会、

美顔器や痩身機、化粧品

を販売している

会社がごまんとあるのに

そういうことをどこも伝えていない、

教えていない、そもそも知らない…

その証拠…

 

どうして?

と思うのです。

 

 

良い意味でも悪い意味でも

美容業界プラセボだらけ

なのに。

 

 

これは治療業界でも言えること。

 

学校で教えるべき内容。

製薬業界や医療機関の論文だけが

こんなグラフを出していますが。

 

 

 

薬の部分を「化粧品」に変えたら

いかがでしょう?

 

 

これ販売時に

「エビデンス」を語るなら

もっと伝えるべき内容

じゃないでしょうか?

 

 

「良いこと」

しか言っていないようなもの。

 

こういう事実がわかると

いろんな商材、

今回の話で言えば

「化粧品」

の見え方も変わってきませんか?

選び方も変わってきませんか?

 

 

そう考えると成分云々よりも

 

「もっと大切なこと」

 

があると私は思っています。

 

いつもの

「外側」+「内側」の話です。

改めてまたその話は投稿致します。

見返して頂ければこのブログに

たくさん載っています。

 

「化粧品を新しく買うなら

もっと日光浴びろ!」的な。

 

 

プラセボを理解した上での

化粧品の帰納演繹的考え、

伝わりましたでしょうか?

 

 

 

 

次回は

美顔器か治療機器の話をします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰納演繹的に考えること~痩身機器編~

前回の話の続き

 

 

まずは痩身機器の「帰納演繹

 

 

 

 

 

「このマシン結果スゴク出る」

「カンタンに痩せた!」

 

というサロンさんからの声を聞く

 

→マシンのスペックを調べる

 

→体感してみたいと思ったら

自ら体感する(する前にわかってしまう場合多し)

 

 

 

 

この後、

 

「そのマシンが生体に

どう影響を与えるのか」

 

を生理学や物療の原理原則

当てはめる。

 

 

→どの原理原則でその「結果」

が出ているのか?がわかる

 

 

→①の声と比較対照してみる。

 

→「適切な結果」か

「オーバートーク」かがわかる。

 

 

 

 

こんな行動を取っています。

 

 

 

騙されたくもないし、

騙したくもないので。

 

 

 

 

 

この①~③までを帰納的考え方

 

 

ですり合わせて

 

 

⑤~⑦を演繹的考え方

 

 

ここで痩身機器でありがちなのが

⑤~⑦むくみが取れたこと

痩せたと思っている方。

リンパに大量の脂肪が流れ込んでる

と思っている方。

パンプアップしているだけなのに

「ラインを作った」

「バストアップさせた」

と思っている方々…

 

 

 

いつも言う様に

様々な施術は悪いことではない。

循環は良くなっているし

これは身体にとっては良いこと。

 

でも

「オーバートーク」が入る。

 

 

売り上げのため

楽に説明したいから

メーカーがそう言っていたから…

エビデンスがあるから…

 

 

 

 

お客様は信じる。

でも2~3日も経てば

その施術で根本改善されていないと、

例えば「むくみやすい」原因が

解消されていないと、またむくんで

ほぼ元の身体に戻る…

 

それを見たお客様はどう思うか?

 

 

 

 

こういう話をしても

 

「私のマシンや施術を

全否定されている」

 

「井内むかつく」

 

 

と思うエステテシャン、

メーカー、ディーラーの方が

少なからずいらっしゃるので

もう少し具体的な話をします。

(決して全否定ではないのですけどね…)

 

一回のビフォーアフターについては

このブログに書いてますが今回は数回、

数か月通って痩せた方の話として。

 

一回の施術のビフォーアフターって

 

 

 

「このキャビやラジオ波を使っても

痩せないというんですか?」

 

 

「私のお客さんはちゃんと

痩せていってるんですけど!(怒)」

 

 

手技も同じ…

 

 

「私の筋膜リリースの技術は

すごいんです!即効痩せますよ!」

 

 

という方に。

 

 

 

 

講習だとその方と

会話のキャッチボールをします。

 

 

「痩せた方の詳細を一人一人

聞いていっていいですか?」

 

「何歳の方?施術を受ける前は

どんな不定愁訴をお持ちだったか?

性格はネガティブ?ポジティブ?

睡眠の量と質は?」

 

「どれくらいのペースで今まで何回

くらい施術を受けてきましたか?」

 

などなど。

 

 

こういう内容を聞くと

私はお会いしていない方ですが

どんなお客様か大体イメージが

付きます。

 

 

 

例えば、その方が

キャビを当てたことで

 

→振動で循環機能が高まり

(講習の内容で言うとクロネコヤマト、外側からの話)

→硬い部分が柔らかくなって

→日常生活での

身体の動きや姿勢が変わり

→代謝機能が整い

→痩せていったのかな

 

 

とそんな過程がイメージできます。

 

 

ラジオ波だと、当てたことで

→電磁波で温まり筋がほぐれ

→循環機能も整い

→姿勢改善にも繋がりますが

→流す部位に寄っては

「温かくて気持ちいい~」

と感じることで

→自律神経ホルモンバランスを整わせ

(講習の内側からの話)

→そこからの代謝機能正常化に繋がり

→痩せていったのかなという過程。

 

 

筋膜リリースなどの手技だと

→筋膜、骨格調整

→日常生活での循環改善、姿勢改善

→更にマシンよりも手技の方が

オキシトシンセロトニンなどの

分泌向上に繋げられることの効果

→自律神経ホルモンバランスを整わせ

(講習の内側からの話)

→そこからの代謝機能正常化に繋がり

→痩せていったのかなという過程。

 

 

 

 

そこにプラスして、

その方の性格なども影響。

会話や関係性からの力。

 

プラセボの話(ここ重要)

 

プラセボ効果について

 

 

 

 

ここにはキャビのオーバートーク話

「脂肪細胞の乳化」や

ラジオ波のオーバートーク話

「脂肪細胞が溶ける」

などのワードは一切登場しません。

 

 

登場させる方は

 

「結果が出た(痩せた)理由、過程」

 

を間違えている。

 

 

 

 

 

 

当社直営店を誇りに思うのは

スタッフが経験則の中で

こんなことを言っているから。

 

 

「遠赤マットは熱くすればいいってもの

じゃないんです。6段階あるけど○○さん

は1~2段階のレベルで入ってね~

その方が痩せるから!」

 

 

 

「ハイブリッドのパッドはお腹が

痩せたいからお腹に貼るという

だけではなく、背中のここに貼ってね~

その方が痩せるんだよ~

私もこれで痩せたの~」

 

 

 

私が現場にいたのはもう5年近く前

なので今は少しは変わっているかも

しれませんが当社直営店スタッフは

全員ハイブリッドとシュアラインを

自分で買って持ってる。

お家で使ってるので

自分のリアルな経験談から

世の中のいろんなEMSとは全く違う

貼り方流し方、

エステサロンで良くありがちな

「発汗重視」の遠赤マットの使い方

ではなく

「自律神経ホルモンバランス調整」

としての使い方を経験の中で

わかっている。

それをリアルに伝えている。

自分がそれで痩せたから。

とても素晴らしいこと。

 

 

どうしても役務(通いのエステ)だと

週1~2くらいが時間的にも経済的にも

限界な方が多い。

 

対して当社直営店は「物販」

週4でお家でハイブリッドシュアライン

をやればそれはそれは

こんなビフォーアフターも出てきます。

 

リアルビフォーアフターです。

20代の方が多いから

体質改善するのが早い

というのも加味してみて下さい。

40代だとこういう風にはいかない。

そういう話をすることも超大切。

 

 

https://www.partir-cb.com/before-after/index.php

 

 

お家にあるので戻っても

またやればいい。

お金がかからない。

若いからまたすぐに

ハイブリッドシュアラインがきっかけで

「代謝機能」が正常になって

日常生活で痩せる。

 

それが週1~2での通いエステだと

そして30代40代以上になってくると

どうしても無理が出てくるのは当然。

尚更「根本改善」を追及しないと

戻って当たり前。

 

お客様はお金をどぶに捨てるようなもの

になってしまいます。

 

直営店で私が講習することは

ほぼ無いですが(ある意味必要ない)

 

通いのエステがメインでやっている方、

自費で美容治療メニューをやっている

整骨院様には

この話の理解は絶対必要かと思います。

 

世の中あまりに頭とお尻を

引っ付け過ぎ。

そんな簡単に体質改善しないって!

 

昨日のブログにも書きましたが

ベテランの治療家の方でも

すぐ頭とお尻を引っ付けようとしていて

ビックリしました。

そしてショックでした。

 

この方は柔整プラス鍼灸師なのに…

 

 

 

※私が柔整鍼灸師を尊敬している理由はこちら

 

先日の博多での講習内容 ~続き③~

 

 

 

でも一晩考えて思いました。

対処的に今状態を変えたい患者様と

長年向き合ってきていると

それが当たり前になっているのだと。

また痛くなったら来ればいい

 

 

そしてその時はここをこうすれば

痛みは取れるから!という

 

「数学の公式」

 

 

公式を暗記しちゃえば

その過程に興味が無くなる方は多い

そういう考え。

 

また痛くなったら来ればいい…

売り上げになるしね…

これが私の考えが違うというだけの話。

 

人それぞれ。

自分が患者だったら「再発しない方法」

を聞きたいと思うけど。

そしてそれは公式の過程を知らないと

応用は効かないから答えられない。

 

 

エステも同じ。

「太らない身体にする

ハイブリッドの使い方」

を聞きたいと思うのか、

「今サイズダウン出来ればいい」

と思うのか。

両方わかっていて

お客様患者様のニーズに合わせるのが

ベストだと思うのですがね…

 

全国回ってエステも治療院も

そんな現状なので

逆にそこを追及すれば少しの努力で

他店他院との差別化は出来るはずです。

お客様患者様はどちらが幸せなのか?

ということ。

 

 

 

次回は「化粧品」

の帰納演繹ぶっこみします。

 

 

帰納法と演繹法①~BWJを前にして…~

帰納的な考え方と

演繹的な考え方。

 

 

これはここ数年

私がマシン開発や化粧品開発

をする中で当社社長に

徹底してもらえた考え方です。

 

 

私の知る限り、当社社長が

恐らく日本一その考え方を

徹底されている方だから。

 

 

 

 

 

 

 

つまり両方の考え方が

きちんと揃わないと

社長のOKは出ない

商品を作らないということ。

却下される。

どんなに売れそうなモノでも。

 

自分事ですが小さいころから

算数や数学を真面目にやってきて

良かったと感じます。

やってなかったら

その社長の考えを理解できなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

「井内さんって

どうしてそんなに

機械のことや

身体のこと

詳しいんですか?」

 

とか

 

「マシンの性能や化粧品の成分など

見分けられるようになりたいんですが

どうすればそうなれますか?」

 

とか聞かれます。

 

 

 

どうして「そうなったのか?」は

社長とのミーティングのやり取り

がルーツ。

 

 

このようなめんどくさい井内が

出来上がりました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

「このマシン結果スゴク出る」

「カンタンに痩せた!」

「結果出るから売れてるんです!」

 

 

来週から始まる

BWJでも

飛び交う言葉…

 

 

そもそもその

 

「結果」

って何?

 

という部分ですが…

 

 

いつもの話ですが…

 

以前のブログを一つ

リンクさせておきます。

 

 

 

 

 

一回の施術のビフォーアフターって

 

「むくみが取れた」

ことを結果結果って…って話。

 

 

そして何人かが結果が出た

(むくみが取れた)という理由で

 

まるですべての人が痩せる

かのような結論を出す。

これが帰納法。

 

 

 

 

 

 

 

対して「メーカー」側(売る側)

はエビデンスエビデンスを売りに

 

演繹的に売ろう

 

とする。

 

 

 

これが演繹法。

 

 

もちろんこれから広めるのであれば

使っている方がいない

(帰納的に考えられない)

ので、そうするしかないのですが。

 

 

この例は「人が死ぬ」という事実なので

共に間違っていないのですが、

美容業界と一部の治療業界での

 

「結果」って

どうなん?

 

って話。

 

 

痩身で言うと先ほどの

「一時的にむくみが取れた」ことを

「痩せた」にすり替えてしまうと

一体どういうことになるのか?

 

一時的にむくみは取れるけど

体脂肪も体重も減らないんだけど…

というお客様はどんどん増えませんか?

増えてませんか?

信用無くしてませんか?

 

なので昔あれほど真剣に取り組み

大好きだったBWJですが

今は会場にすら行きたくない。

 

中に入ると「売る」ための

そんな言葉ばかり

耳に入ってくるから…

 

 

 

営業側も購入側も

 

「身体がどうして

そうなるのか?」

 

を考えないと…

 

 

 

そのためには

 

「解剖生理学」

「物理療法」

 

の知識が多少は無いと、

演繹的に考えられない。

 

身体の原理原則

 

がわかっていないと。

 

演繹的に考えるとはそういうこと。

 

 

でもこれを「理論は要らない」

「痩せればいい(変わればいい)」

みたいなことを言う方が多い。

 

 

今日もベテランの治療家の方と話して

「両面から考えられていない」

ことに気づき、初対面なのに

私から説教してしまうような状況…

 

 

メーカーの言うことを信じて

色んな商材をたくさん

導入しちゃってるんだもん…

その院の患者さんもかわいそう…

 

 

考えられていないのは

エステテシャンだけでは無い

という事実…

 

 

考えることから逃げてるのか?

金儲けしか考えていないのか?

 

 

どちらかとしか思えないのです。

いかがでしょうか?

 

 

 

 

 

あと良く

「エビデンスが…」とか言ってますが

メーカーの言うそのエビデンスが

正しいものであればいいのですが

 

 

「こじつけ」

 

 

「ありえない

条件下での

エビデンス」

 

 

だったりする。

それ同じことが体内で起きないでしょ!

みたいな突っ込みどころ満載

エビデンス…

 

 

 

 

更にそれをオーバートークで売るので

使う方が

「あれ?効果出ない」

と思う。

 

 

しかも「ソフト」「演繹的考え」

がないから、

そこからの応用が効かない…

またまたお客さんかわいそう…

 

 

これとも同じ考え方

 

木を見て森を見ず…

 

 

 

 

 

更にぶっこめば

 

「美容業界の噂」

 

も同じ。

 

 

 

「あの人○○らしいよ」

という噂が尾ひれ背びれを

付けて広まり…(笑)

 

 

狭い業界ですし…

 

 

 

「あの人○○で××で△△だよ」

 

という結論になって伝わっている始末。

 

 

 

出来るだけ

「そういう噂」

をする方とは

絡まないように

していますが

 

(目的意識が低く暇な方ほどこういう話

をしてる。

金儲けしか考えていなくて

人を蹴落としてばかりの人も同じ。

どちらも世直しで絶対絡めない人。)

 

 

 

 

もし耳に入ってきたとしても

 

「それ本人に裏を取ったん?」

 

と聞きます。

 

 

 

「そうじゃないだろ?」

 

と自分が見て思う人の噂なら特に。

 

 

演繹的に考えて

おかしいから。

 

 

まぁ私自身もたくさん言われてる

かもですが…

 

 

その時は皆さん、

私に「裏」を取って下さいね!(笑)

 

 

 

次回から数回に渡って

帰納演繹的考えで

痩身機、美顔器、脱毛機、化粧品

の商材についてぶっこんでいきます。

 

 

 

 

 

セルパッドプラス貼り位置 103

今回はハイブリッドセルパッドプラス

の貼り位置を投稿します!

 

 

「ご自宅でも貼れる位置」

 

も考えてのこの貼り位置

 

 103

 

整骨院、エステサロンでの施術で流す

場合は胸椎や頸椎に持っていっても

構いませんし、横貼りではなく

縦貼りにしても構いません。

 

 

 

どうしてこの部分に貼るのか?について

 

 

 

①起立筋、多裂筋の再教育、ほぐし

 

②仙腸関節ほぐし

(貼り位置によっては

尾てい骨周辺ほぐし)

 

③神経促通

 

④神経反射からの効果

 

 

 

③に関してはこのブログにも

色々書いてきておりますが、

探す手間を省くために

2年前のこのブログを参考に

ご覧になってみて下さい!

 

 

ひざの痛い方に(変形性膝関節症その2、神経、受容器へのアプローチも。PNF)⑦⑬㉘

 

これは下肢の神経促通と

膝蓋骨の受容器への電気刺激

を考えた貼り位置のブログですが、

今回は中枢神経が通る脊柱

に流した貼り方。

 

 

①~④の一石四鳥貼りです。

 

 

 

こういうことができるのも

 

NMESハイブリッド波

 

の特長。

 

 

「スーパーウェーブハイブリッド」って?

こういう部位に

こういう目的で流したい

 

その「ソフト」からの 逆算

 

 

このデカパッド(セルパッドプラス)

を新しく作成したのもこういった

「逆算」から考えています。

 

GW中TVでも見ながらでも

早速お試しください!

 

 

こういうところがエステ業界の問題点かと…

先日やはりエステ業界は

 

こういうところ

が問題だな

 

と感じる出来事があったので

投稿します。

 

 

 

 

まずは今から一カ月ほど前の話

 

 

 

1年半ぶりに取引先の社長(A社長)

から電話があり

 

 

「コミュニティーを立ち上げ、

エステスクールをやろうと思ってる。

協力してくれないか?」

 

 

 

とのこと。

 

 

そのA社長は不動産業界の有名な方で

エステ業は奥様がやっている形です。

 

 

その奥様(Bさん)とは

ハイブリッド導入店ということもあり

2年前まではスタッフ教育含めて

入り込ませて頂いておりましたが、

Bさんが目先の売上に走っていて、

 

「これでは井内さんとは

合わないだろう」

 

と、A社長も気づいて下さり、

私とBさんが距離を置くように

仕向けてくれた方でもあります。

 

その後A社長と二人で

何度か飲みに行ったりして

他業種の様々なことを教えて頂いたり、

人生の先輩としてこれからも慕って

いきたいと思っていた方でもあります。

 

 

 

 

途中で電話をBさんに代わられ

詳細を話され「協力してくれない?」

と言われましたが

2年前のこともあるので二つ返事で

承諾することはせず

 

Bさん

 

 

「一度お会いしましょう。その前に

僕がどんなことを

やっているのか?

どんな考えなのか?

お伝えしたい。

Bさんのお時間を取らせないように

これはブログを読めばわかるので

読んで頂き、その上でお会いした方が

良いかと思います。」

 

 

と伝えました。

 

お会いする前に断ってこられるなら

それはそれで。

ぶつからなくて良いかと感じ。

 

 

念のため会う前に数度

「ブログは読んでくれましたか?」

と連絡は入れました。

 

会った時、結局残念ながら

ほとんど読んでなかったのですが…

 

 

 

それなら…とBさん面と向かって

「思い」

「考え」

を伝えました。

 

 

 

このような

「思い」

「考え」

に沿った

スクールになるなら

お力になりたいと。

 

 

 

 

 

Bさん

 

「そういう理念は大事よね。」

 

「エステスクールのテキストを作った

んだけど見てほしい。

このテキストにプラスして

理念のテキストも作りたい。

そのたたき台を作ってほしい。」

 

 

 

 

そのテキストは簡潔に出来ていて

今までに見てきたスクールや協会の

テキストに比べると

良いものだったのですが

良く読むと、

突っ込みどころ

は満載。

 

(脂肪がリンパに流れるとか。

これだと勉強するエステテシャンが

中性脂肪と脂肪細胞の区別が

つかないんじゃないか…などなど)

 

「脂肪がリンパに流れる」というエステテシャンが多い理由

 

 

編集したのはBさん

そのご友人のベテランエステテシャンの

Cさんということ。

 

ではまずCさん含めてお会いする形

にしましょう。

 

全てはそこからで…

 

ということからの

 

 

 

 

今回の話。

 

 

 

 

 

A社長BさんCさん私の4人で

会ったのですが、まずBさんCさんから

言われたのが

 

 

「井内さんは普段

どんなセミナーを

やってるの?

まずはそれを

聞かせてほしい!」

 

 

とのこと。

 

(ブログに全部書いてるのにな~)

と思いながらも、PCを持っていたので

パワポでお見せしました。

 

 

 

 

・大筋はいつも変わらないが

事前質問用紙を書いてもらい

参加される方の知識量や経験に合わせて

内容を変えていること。

それは貴重な皆さんの時間を頂いている

ので無駄な時間や説明を省きたい

という意味で、ということ。

 

 

 

・講習の内容を「学びたい」

と思えるためには、

現在の社会問題を知ってもらうこと。

その問題に対してエステテシャンが

貢献出来ることがたくさんあること。

エステテシャンという職業が

どれだけ素晴らしい仕事か?

こういった社会問題対策にも

全て繋がるんだということを

理解して頂くともっと

 

「誇り」

 

持てる職業だということ。

逆にそれがわかっていないと

今までと変わらない。

そして学んでも

真の学びにならない。

 

学ぼうとする

モチベーション

は上がらない。

更に学んでも

すぐ忘れる。

 

 

 

 

前回のブログでもお伝えしたココ!

 

 

 

 

 

こういうことを

パワポで簡単にお伝えした上で

本題の内容をお見せしました。

 

 

 

 

 

 

プラセボ効果の話

血液(赤血球)の話

ホルモンの話…

 

 

予想はしていましたが

BさんCさん

 

ほとんど

わかっていない…

 

 

スクールテキスト作成者にも関わらず…

 

 

 

 

例えば

 

 

Cさん「プラセボって機械は知らない」

 

井内「…(機械じゃないですよ)」

 

Bさん「プラシーボでしょ。

知ってるわよ。(逆キレぽく)

プラセボなんて略称で言うと

わからないわよ!」

 

 

井内「…(この後、話が入っていく

のか…不安)」

 

 

 

 

とはいえ、真剣に聞いて下さっていた

ので、これがお二人の

何かを変えるきっかけ

になれば…

ときちんとお伝えしました。

 

 

 

 

 

 

終了後…

 

 

 

隣で黙って聞いていたA社長が一言

 

 

「俺の周りの経営者連中は

朝日を浴びながら

6時半に体操をしている。

だから70才越えても

現役で、健康でいる。」

 

 

 

 

「井内さん…

でもこれじゃあ

稼げないんだよ」

 

 

 

 

井内

「おっしゃりたいことはわかります。

でもこういう身体のメカニズムを

エステテシャンがわかっていることが

大切じゃないでしょうか?

自分の施術やマシンにオーバートークで

付加価値を無理やりつけて

単価を上げようとするより。

 

お金を掛けないでもいい

方法があるということを。

正義感や理想論振りかざしているだけだ

と言われることも多いです。

でもここを追及していかないと

今のままでは、3年後5年後

こんな低レベルではエステ業界は

衰退していくだけだと思うんです。」

 

 

 

 

A社長

 

「それは井内さんが余裕があるから

言えるんだよ。俺らは事業者なんだよ。

こいつら(BさんCさん)は

今、金が必要

なんだよ」

 

 

 

 

井内

「だからと言って

騙す

のは違うかと」

 

 

「そんな金の稼ぎ方は

『オレオレ詐欺』

と変わらないと思うんです」

 

 

 

 

 

 

 

A社長

 

「めんどくせえな。

こんなの騙す内に

入んねえんだよ。

不動産の業界で

騙すっていうのはな~

○△□○□×△…」

 

 

 

 

「エステテシャンなんて

バカじゃねえか、

ひどいもんだよ。

それに騙されてるとも

わかんねぇ奴らなんだよ。

こっちも騙されてきてるんだよ」

 

 

 

 

BさんCさん「そうよそうよ(笑)」

 

Cさん「私はお金が欲し~い!」

 

Bさん「そうだよ!井内さんの伝えたい

『ニッチ』

な内容を広げてもね~○△□△○○…」

 

 

 

 

 

 

 

『ニッチ』なんだ…

もういいや…

関わりたくない…)

 

 

 

 

井内

 

「ごめんなさい、

今回の話は

無かったことに

してください。

無理です。

お力になりたく

ないです。」

 

 

 

 

A社長

「わかった。そうだよな。」

 

BさんCさん

「…」

 

 

 

2回、約6時間に渡るこんなやり取り

がありました。

BさんCさんはともかく

今でもA社長のことは好きです。

好きだからこそ、好きでいたいからこそ

ここまで話しました。

 

今でも

「やっぱり井内さんの言ってる

ことが正しかったわ…」

と電話がかかってくることを

待っています。

 

 

 

 

このブログを毎回読んで下さっている

皆様はどう感じましたか?

 

 

私がノルマも歩合も無い

サラリーマンだから?

安定してるから?

娘がいるから?

 

そうかも知れません。

 

こんな講習をやっていると

大なり小なりこういうやり取りは

多いです。

 

一緒に「世直し」しよう

と言っていた仲間からも

言われた時はあります。

 

 

 

前回のブログにも書きましたね…

 

 

 

 

「スーパーウェーブハイブリッド」って?

 

 

犯罪する

くらいなら

戯言と

言われて

上等やんけ!

 

 

その犯罪の基準はどこに…

自分の中で「犯罪」と思ったら

「犯罪」なのかなと思います。

 

私の話を聞くまで

「事実」を知らなかったという

エステテシャンの方も多いですし。

 

 

でも

無知も犯罪

だと今は思っています。

 

 

 

以前の私がそう。

 

もう倒産していますが

ある大手のエステ会社の代理店

をやっていた時…

 

 

今思い返すと

 

「ウソばっかり教えとるやんけ!」

 

「買ってくれたお客さんに

そのまま言うてしもうてるわ!」

 

 

という憤り…

 

 

 

そして我がが「売上」を上げるため、

「お金を稼ぐ」ために必死で、

教えてくれてる営業トークに

疑問を持たないように

自分に言い聞かせて

 

「真実」

 

 

に目を向けず、調べよう追求しよう

ともしなかった

自分 がいたことを…

 

 

だから今やっていることは

過去の自分への

戒め

でもあるのです。

 

 

 

2月に書いたこのブログも

問題点のジャンルは同じ内容でしたね。

この方には

結局逆ギレされたままですが。

 

 

高額な業務用機器を営業している方と話した会話(お店の物販率を高めることにも繋がる話)

 

ご存知な方は多いと思いますが

私の気持ちが変化した理由はこの内容。

 

講習を受けた方からの質問の回答④~治療って~

 

 

今回の内容について

皆様からの

ご意見、反論

など何でも

頂けたらありがたいです。

 

まだまだ成長したいので。

なぜか?

「詐欺みたいな商売」

が世の中まだまだ

蔓延っているからです。

関わる人だけでも

気づいて

変わっていく

きっかけになれば…と。

 

 

名古屋の柔整師さん達と話して感じたこと~後編~

前々回の続きです。

お持ちのマシンでも

「エレクトロハンド施術」が出来ること

 

ハイボルの「神経ブロック」以外

生理的作用について

 

などの話をさせて頂いたあと、

まだ時間があったので

「内側から治療」の講習の一部を

パワポでお伝えしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この辺りの内容です。

 

 

「筋トレ、再教育、姿勢改善」

は私の講習では

 

「外側から治療」

 

それだけだと100点中50点

と伝えています。

 

 

残りの50点は

 

「内側から治療」

 

 

ここをどう追求するか?

 

私の自論みたいになっていますが、

皆さんからどういう意見が出てくるか

知りたかった。

 

「外側から」

を相当追及している方々から。

 

 

 

皆さんの真剣に聞いて下さっている

表情を見ているとこちらも熱くなり、

 

「認知症や不妊、自殺など様々な

社会問題」に向き合って

 

私たちが出来ることって

もっとあるはずなんじゃないか?

それが「内側から」に繋がること。

 

私も

皆さんみたいに現場で施術をしたい!

ということまで話すような

講習になりました。

 

 

 

 

「すごく勉強になった!」

 

 

「『内側からの考え方』を

現場で活かしていきたい!」

 

 

「そこら辺のメーカーさんとは

全く違いますね!」

 

 

という言葉を頂いた時は

とても嬉しかったです。

 

 

 

確かに

「メーカー」らしくは無いです(笑)

 

ハイブリッド自体、持って来ても

無いことに皆さん笑う…。

 

 

 

でもいずれ導入された時のために

一応この内容だけはお伝えしました。

 

今のマシンで構わないから

ウチのこのデカパッド使ってほしいし!

 

 

 

とにかく同じ熱さを持つ

素晴らしい柔整師さんに

お会いできたことに感動しました。

 

 

こんな方々が増えれば世の中良くなる!

 

 

また名古屋に伺った時に要望頂ければ

各院のスタッフさんにも

講習させて頂きたいと思っています!

 

 

 

 

「スーパーウェーブハイブリッド」って?

昨夜参加させて頂いた

Zoomの会議をきっかけに

 

「スーパーウェーブ

ハイブリッド」

 

を知った多くの治療家の方々が

このブログをご覧になって下さっている

みたいなので、こちらに

 

「一体どんなマシンなのか?」

 

「どんな考えで広げているのか?」

 

「治療家の方が

どのように使っているのか?」

 

 

についてこの投稿一つでわかるように

まとめてみました。

(むっちゃ長いです)

 

 

こういう投稿が無いと

突然「世直し講習」の内容を見ても

「なんだ?こいつは?」と

意味わからないと思い。

 

 

 

 

まずは、この「ハイブリッド」は

良くある「EMS」というより

 

「NMES」

 

です。

 

 

 

NMES 神経筋電気刺激

(Neuromuscular electrical stimulation)

 

PTさんがリハビリで使う電気治療。

カンタンに言うと波形が違います。

 

 

筋収縮だけを考えて作っていない

ということ。

治療家の方にわかる言葉でいえば

PNFに使える

波形と周波数。

 

OEMしているマシンと違い

自ら作ってるので

「ハード」面はいくらでも話せます。

他社と違うのは「大切にしている部分」

 

「ハード」よりも「ソフト」

 

 

「ハード」

(波形や周波数)

を売りにするマシンは多いですが

 

ハイブリッドは

「ソフト」

(患者様のどの部位に

どんな電気刺激をどの程度与えれば

改善に向かうか?)

 

から逆算して作成しているマシン

ということです。

 

 

膝蓋骨や足関節肩関節などなど

筋筋膜だけでは無い部位に流すことを

考えたらこの波形がいい

この周波数がいいといった考え。

 

 

以前のブログなどにも

詳細を載せていますので

参考にされてみてください。

 

 

電磁波 周波数帯別の効果 カンタン早見表

 

 

 

ソフトについてはこういうのも

「ソフト」提供について

 

 

外観については今まで

色んな意見は頂いております。

 

「物販用じゃん」

「業務用作ってよ」

「せっかく中身が良いのだから

もっと高そうに見える外観にして」

 

とか。

 

 

BtoBとはいえもちろんお客様なので、

一度は飲み込むようにはしていました。

 

 

ただ数多くの治療家や

エステテシャンの方々にお会いして

確信したことは、

良く言えば

「木を見て森を見ず」

「もっと大切なことはありませんか?」

 

 

悪く言えば

 

「金儲けしか考えてないじゃん」

 

ということ。

 

世の為にはならず。

 

 

 

仮に外観が良い物を作っても

このような方には卸さないように

と考えております。

 

 

「ソフト」「考え方」「あり方」

 

が共有できる方だけ。

 

先日の博多での講習内容

 

 

 

 

 

こんなブログからも私の意図を

読み取って頂ければ嬉しいです。

 

 

少数ではありますが

全国の治療家、セラピストの方々と

ハイブリッドを通じて繋がっており

私の時間の許す限り出張をし、

スタッフ様などにも

様々な「ソフト」講習

させて頂いております。

 

 

「ソフト」講習とは

「ハード」講習では無いということ。

 

 

ほとんど「ハイブリッド」を

出しません見せません(笑)

体感とか営業は二の次ということです。

 

 

上記にあるように「ソフト」共有できて

いない人には使ってもらいたくない。

 

 

なぜか?

 

 

皆様の言葉をお借りすれば

 

売り手よし 

繋ぎ手よし 

 

二方しか良くならないと思うから。

 

先日の博多での講習内容 ~続き③~

 

 

買い手よしになっていますか?

 

世間よしになると思いますか?

 

これだと当然

 

未来わろしですよね?

 

 

 

昨日もプロテインのOEMからの

「物販セミナー」の話をされていた方が

いらっしゃいましたが、

世の中にある様々な「売り方」セミナー

を見たり聞いたりしていて

私はいつも

 

「違うな」と感じています。

 

 

 

それだと

 

「五方よし」

 

にはならないでしょと。

 

「物販」について(施術も同じこと)③

「物販」について(施術も同じこと)④

 

講習を受けた方からの質問の回答③~治療って~

 

 

こんなことも講習でやっています。

いやむしろここが共有できないと

 

「この後の『生理学、物療講習』は

聞かないでいいよ」

 

とまで言っています。

 

 

「色んな売上向上テクニックや技術」

よりも前に

「身体の知識」

 

そしてそれを学ぶ前に

 

「どうして

学びたいか?」

 

「『セラピストとして世の為に

何が出来るか?』のモチベーションが

持てるかどうか?」

 

 

そのモチベーションは

認知症や自殺などの社会問題に対して

問題意識が無いとなかなか持てない。

 

 

私の講習ではそういうことから

やっています。

 

 

 

基礎工事が出来ていないと

石垣も不安定。

石垣が無いとお城も不安定。

 

 

でもそんな状態で売り上げや集客を

伸ばすテクニックを学ぼうとする…

 

そしてそれを教えて儲けようとする

様々な協会やセミナー…

 

これ違いませんか??

 

 

 

 

 

 

石垣が無いから

天守閣が転がって落ちてきますよ…

 

 

 

例えるとしたら

この方がわかりやすいかもですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい。

「氷山の一角」

 

こんな感じ。

 

 

 

先日の池袋の事故

その翌日の三ノ宮の事故…

 

 

こういう事件からも

「私たちに出来ること」

がたくさんあるんじゃないか?

という「思い」に繋がります。

 

この思いを共有できる仲間と一緒に

こういう事故が無くなる世の中に

したい。それで動いています。

 

先日、二宮尊徳のこの言葉を頂き

意味を感じ、噛みしめている日々ですが

やっぱり世の中の「道徳」の基準が

低すぎるわ…と再確認しました。

 

犯罪するくらいなら戯言といわれて上等

 

 

 

 

自分の非を非とは認めず

「正当化」する方が多すぎる。

 

 

 

 

昨日のZoomでは伝えられなかった部分

ですが、この投稿を読んで

何かを感じて頂けた方は連絡

お問い合わせを頂ければと思います。

 

 

 

私自身BtoBでもBtoCでも長年売り上げ

を上げてきた人間ではありますので

「戯言」ではなく

最後の部分のテクニックや技術まで

お伝えすることはできます。

手前味噌ですが、周りの方々の評価を

聞く限り、今なら「氷山の一角」として

お伝えできるかと。

 

「氷山」が無いと「一角」

はできません。

 

そんな過去の自分への戒めもあるから

こそこんな講習をやっています。

今回も熱くなってしまいました。

次回は前回のこの続きを

ちゃんと書きます!

 

名古屋の柔整師さん達と話して感じたこと